東大受験|県立高校から東大を目指す!(小中編)

2007年05月31日

中間テストが返ってきた・・撃沈編!



本日のお題は・・・

「撃沈」です。(笑い)・・・ワラエナイゾ・・・

ということで、本来ならば、
中間テストが返ってきた・・その3
というタイトルになるはずでしたが、

最後の1教科、理科の点数が・・・

何と

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

 85て〜ん!

オイオイオイオイ・・・(ゴウキュウ)

娘の言い訳だけが空しく響きます・・・

「でもね、クラスの平均が20点台、学年の平均も30点台なんだって・・」

確かに問題数が多く、答えの数が決まっていないやりにくい問題ではあったと思います。
それでも、です。
この手の問題のときに高得点をたたき出せば、ライバルに差が付くというものでしょ!

今回のテストは大きな課題をたくさん残してくれました。

S吉さんもコメントで指摘してくださった通り、社会とか理科とかは、日頃からどれくらい問題意識を持って取り組んでいるか、基本的な暗記を積み重ねているかで差が付く科目だと思っています。

コツコツ型の兄はこのようなテストで、”エンジン全開!”だった訳です。

短期集中型?の娘の方は、2年の最初の定期テストで、その学習方法の弱点をさらけ出してしまったと言えると思います。


「最低限度の毎日の積み重ね」が大切


この言葉だけでも、今回のテストで肝に銘じてくれれば良いと思います。


次回は6月末です。

巻き返しできるのか、このまま落ち込んでいってしまうのか、
楽しみにしたいと思う、親父でした。。。


posted by 髭親父 at 19:57 | Comment(11) | TrackBack(0) | テストの反省・・
2007年05月28日

中間テストが返ってきた・・その2



定期テストの答案が続々と返ってきました。(笑い)


もう笑うしかない状況に陥りつつあります。。。。。

国語 96
数学 98
英語 97
社会 90

この時点ですでに−19点
理科がすでに3問の間違いが見つかっている(本人談)、ので・・・

その通りだとすると、ほぼ最低ラインの475点(95点平均)ということになります。

喜んでいいのか悲しんでいいのか。

ということで、今回の定期テストでほぼ陥落が見えてしまったようです。(^^;

さすがに95点平均ではトップを取ることは不可能に近いでしょう。


今回の反省点は、
私の春休みからの予習中心の学習方針だったのかもしれません。
ウチの場合、運動などにも得意なものはなし、
したがって推薦もほぼありえない状態ですので、
本番で得点するしかないので、このような予習中心のカリキュラムを進めるしかなくなってしまいます。
本人もそれを知ってか、ほとんど笑って済ませている状態なのが・・

「へへへ・・・」

これですから! (泣き)


ということで、理科の点数の発表を待つこともなく
あきらめモードに突入です。


七月以降の3年生と一緒に受けさせようと思っている、
「県内模試」で少しあせりを感じさせようかと思っています。


現在、中2数学の最後確率を学習中でほぼ完走状態。
来月から、平方根・多項式に入る予定です。
英語は少し遅れていますが、春休み中に不規則動詞(過去分詞まで)を暗記させておいたので、さほど苦にならず追いつけると思います。

短期型の定期テストはうちの子供たちはどうも乗ってきません。(爆

実力テストで、その「実力不足」を大いに認識させたいと思います。

posted by 髭親父 at 17:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | テストの反省・・
2007年05月26日

中間テストが返ってきた・・その1



中間テストが終了し、昨日数学だけ返って来ました。

何と・・・・・2問の間違い・・・

娘はさすがにうな垂れ状態。

1問は完全に計算からの写し違いが発覚していたので、あきらめていたようですが、計算問題の間違いだけには納得いかない様子。

親父:「どれ!見せてみな」

娘 :「・・・・・」


親父:「ちゃんと展開図を描いて、表面積を求めているんだから、ここまで気を遣って間違ったのならしょうがないな。」
             (優しい父親でしょ! 笑い)

親父:「この計算問題の間違いはいかんな〜。」

親父:「2年生の最初の計算問題特に分数計算には、注意しなければならないところが2つあったはずだよな・・・」


娘 :「分母払うな、括弧でくくれ」

親父:「分かってんジャン!」

娘 :「・・・」

親父:「何で間違ったんだ・・どれ・・どれ・・」


    (しばし、親父が筆算)

親父:「・・・」

    (思わず答えと、娘の顔を見る)

娘 :「・・・」

おかしいぞ!


娘 :「ねっ、おかしいよね〜」


    娘の誤答と私の筆算結果が同じになっている・・・

    いくら親子でも、さすがに誤答まで遺伝しないだろ!


「月曜日に先生に確認してみな。」

と言うことで、先生の機嫌を損ねないように、先生に対する質問、確認のための言葉遣いなどを話したのでした。

さすがにこの問題の間違いは、先生にもかなりのショックを与えるだろうと思っての娘へのアドバイスでしたが、できれば生徒から指摘される前に訂正して欲しいところです。(苦笑)

テストの翌日ですからねぇ〜。一杯引っ掛けながら解答を作成し、点数をつけていたのかもしれませんね。

それにしても、その誤答がなぜ起こったかまでのプロセスを言い始めた娘は「おりこうさん」でした。(爆

同問題(数字は変えてあります)

3x−4y
---------- − 6x + 3y


当然通分して分母は4になり、
分子は3x−4y−24x12yとすべきところ、
先生はご丁寧に−(6x + 3y)と勘違いしてしまって、
−24x − 12y で分子を計算してしまったようです。

別々に通分しておけば問題なかったものを・・・ご愁傷様です・・

月曜日からどんどん残りの教科が返ってくるはずですが、
すでに間違いがかなり発覚!

2年の最初のテストから「陥落」しそうです。(泣き)
posted by 髭親父 at 11:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | テストの反省・・
2007年05月23日

中間テストは明日! 燃える理由。



いよいよ、明日が中間テストです。
昨年は中間がなかったので、久々の5月テストが実施されます。

学校から配布された教材全てに目を通したか確認!

「んんんんん・・・」

何とも気のない返事。
オイオイ大丈夫か。といった所です。

娘がテストに燃える理由。

鉛筆以外に自己主張する手段がない・・(笑い)

と、もう一つ・・・

実は私の親戚のお子さんが同学年にいるのです。

娘の理由というより、親の理由です・・・アレアレ・・・

どうも狭い田舎に住んでいるせいか、どうしても親戚とかち合います。こちらは、商売柄勝手に勉強ばっかり教えていると見られています。
このブログを読んだり、メルマガ(最近書いてない・・)、レポートなどをご覧になった方は、子供たちに勉強のほとんどを「教え込んでいない」というのをご理解いただけるのでしょうが・・・

そんな誤解もあり、余計にいわゆる「負けるわけには」いかないのです。
先日も、酒飲みの席で挑戦状を叩きつけられてしまいました。(^^;

息子のブータンの時には、見てみぬふりをされたのですが、
どうも人間、手の届くところにいると突っかかってくる方が多いようです。(笑い)・・・ウチの親戚だけですよ〜。

ということで、叩きつけられた挑戦状、勝手に親父が受けてしまいましたので、95点平均より下ではまずいのです。

何とか、「酒飲むと」見栄っ張りの親父の面子を保ってくだされ〜。
(遂に前日に、泣き落としになってしまいました・・爆笑)


皆さん、酒の席では気持ちが大きくならないように注意してください。
自分のことならいいですが・・・
他人の、それ以上(?)、わが子のフンドシで相撲をとるようになったら人間失格です・・・・・


「そんなに勝ちたいんなら、
       95点平均以上はとらないとだめだね・・」

娘に言っている最低ライン、95点が、酔っ払いの口から他人に伝言していった瞬間でした。


                ゴメンm(__)m
                      ぷーたん!
posted by 髭親父 at 21:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | ちゃっかり妹の日記
2007年05月21日

伝説を作れ!



久々に皆様からのコメントが質問とともにございましたので、こちらにて書かせて、頂きたいと思います。


れんげそうさん、こんにちは!

>地元の低レベルの公立中学に行っていますので、まあ当然学年トップかな・・・なんて楽観してたのですが、とんでもない!

そうですね、福島県でさえ(こんなこと書いたら叱られてしまうかもしれませんが:苦笑)、公立の中学校で学年トップを取るのはなかなか難しいものがあります。

何せ、定期テストですと、先取りをしてようが、してまいが、範囲が狭いので、差がつきようがないですから。ほとんど出る問題も分かっていますし。

rioさんの仰るように、定期テストで問われるのは、正に分析力だと思います。

あちこちで書かせていただいていますが(笑い)、範囲表は読破し、分析するものであり、眺めてテスト範囲のページだけを確認するものではありません。

親には当然と分かっていても、子供たちでこのことを意識している生徒はまずいないと思います。
ですから、親がテストの数日前に、プリントなり、教科書の対応の問題集など学校で配布されているものを口頭でチェックすべきなのです。


特に、理科・社会・国語は、答えを数秒以内に言えるようになっていなければなりません。
(国語の文章を読まなければ答えが分からないなどは、論外です! 定期テストでは国語の文章を「良く読んで」はいけないのです。)

また、英語・数学などでは、答えがなぜそうなるのか、理由もいえるようにしておけば、変な間違いを避けることができると思います。

定期テストは、いわば、短期決戦です。
しかしながら、英語・数学の先取りは、実力テストなどの長期決戦(範囲が広いテスト)に特に、むいていると思います。

最後の入試本番は長期決戦ですから、先取り学習をしている方は絶対に有利になります。
復習を余裕を持ってできるなど、反復回数が全然違ってきますので!

さて、トップを取ることももちろんモチベーションを上げるには大事なことかもしれませんが、私個人としては、

「点数にこだわりたい」

です。

定期テストでは、ズバリ! 「満点」・・・
これは、冗談として、最低点数で「95点平均」。
この点数以上を常にキープできているとすれば、少なくとも短期決戦向きの学習法は身に付いていると考えて良いのではないでしょうか。
(トップも見えてきますし・・・)

            なぜ目標が満点ではないの?

ただ単に満点取る人が気持ち悪いだけです。(笑い)

私の中学時代の同級生に500点満点、実技教科も入れて、900点満点を連発する女性がおりました。
いわば、伝説の人です。福島県は日本でも面積がかなり広い都道府県に属しますが、県内の同年代の中学生で、彼女を多分知らない人はいなかったでしょう。
因みにうちの奥さんは、会津出身なのですが、知ってました!

余談はともかく、定期テストの目標点数は、

人間らしく、98点平均!  (大爆笑)

我が家では、今のところこれが合言葉になっています。


理科・社会の一問一答問題集の件ですが、
高校受験用のものであれば、良いと思います。

一般の書店でも良いものがありますし、塾、学校関係で知り合いの方がいらっしゃれば、そちらにも良書があります。

うちで使っているのは、
「一問一答式 高校入試 理科用語問題集」
「一問一答式 高校入試 社会用語問題集」
の2冊です。

資料、実験などの問題も掲載されているので便利です。
(但し、塾専用教材です)
https://www.bunri.co.jp/shop/material.asp?use=1&sch=3&ser=53&sub=&gra=&bas=&mat=&rev=0

なぜ、中学1・2年生に高校受験用をやらせるのか・・・
ズバリ!問題数が少ないから、絞り込まれているからです。
1・2年の学年用だとどうしても問題数が多く、反復学習には不向きです。
(理科社会の反復学習の時間が通常取れる方には、状況が違ってくると思いますが)

隔日、週1・2回程度習ったところまでを、いつもスラスラ言えるようにしておけば、実力テストでの効果は、想像以上だと思います。
(最後は、実力テスト直前に単元ごとのテストで仕上げるだけ!)


http://www.terakoya7.net/archives/cat_50208050.html

http://www.terakoya7.net/archives/cat_50208051.html

一般書籍に関しては↑を参考にしていただけると幸いです。





pocohahaさん、こんにちは!

>いつもZ会・教科書・スキルを見直してます。あと数点が取れないのは「抜け」がまだあるからと言ってますが、口で言っても分からないんですね・・・

何度も反復していると、どうしても分かって、覚えていないのに通過してしまう問題が出てきてしまうのだと思います。
全ての問題を親が口頭でチェックすればいいのでしょうが、そんなことしてる場合でもないので、そういう場合は、我が家では、別問題集(プリント)に手を出させます。

但し、これはあくまで弱点発見のためであり、通常学習している問題集とは全く性格を異にしています。失敗した問題があったら、必ず通常使用している問題集に戻ること、こう指示しています。



rioさん、こんにちは!

娘さんも高校生になるんですね。
その前に、大学受験ですね。
うちの息子のブータンは、ようやくエンジンがかかりだしたのか、
髭親父が「机に向かえ!」という声を最近出さずに済むようになってきました。(笑い)

田舎から東大!
といきたい所ですが、かなり雲行きが怪しくて雨が降っているような感じです。
志望校だけは無理やり押し付けることもできず、後は本人次第というところです。

みんなで合格の暁には、赤門の前で、記念撮影しましょうね!
(東大生のフリをしちゃいます・・・爆)
posted by 髭親父 at 21:16 | Comment(8) | TrackBack(0) | ちゃっかり妹の日記
2007年05月18日

さぁて、中間テスト!



中間テストの日程が発表されました。

英語・数学は、2年の範囲が少なからず出題されますが、
理科・社会はほとんどがお決まりの1年の範囲全部!

普段の学習をきちんとしていないとどうしようも無い内容となっています。

暗記ものは通常復習していないと、こういった全範囲のときに困ることになります。

ほとんど娘も泣き状態です! (笑い・・・ワラッテラレナイゾ)

日頃から、一問一答だけでも反復しておくようには言っているのですが、なかなか実行できていないようです。
土日には理科・社会で苦労しそうです。

救いは英語・数学。

進度が遅いので、2年の内容は何とかなりそう・・・

やはり差がつくのは、暗記科目となりそうです。


          ☆   ☆   ☆

それにしても、相変わらず学校から配布される学習予定表にはがっかりさせられます。

○月×日 ・・・・・

なんて生徒に書かせたってその通りに学習する生徒などほとんどいないでしょう、キット。

それならば、やらなければならないことを箇条書きにして、
チェックリストを作るくらいにしておけばよいと思うのですが、そういうことをやってくれる先生はまずいない。

確かに、そういったやらなければならないことを自分で整理して、
潰していくというのが「計画性のある生徒」となるのでしょうが。

最近の子供たちにそこまで計画を自分で立ててできる生徒は、
ほとんどいないに等しいと思われます。
(ここの地区の生徒ですよ! 苦笑)

テストの範囲表ですら、教科書、ワークのページだけチェックするくらいで、備考欄のやらなければならないことをチェックする生徒が珍しいですから。

本当に点数を取りたいのか、疑問になります。

良く言えば、「点数に対するこだわりがない」とも言えるのでしょうが、やらなければならない時に、嫌でもやる! という状況を作るのも学習だと思います。

なるべく学習内容までは踏み込まないように注意してはいるのですが、どうも計画、方法論などに関してはイチャモンをつけてしまいます。

子供たちもうるさがることもしばしばですが、私が口出しできるのは責めてこのくらい・・・と割り切って、口を出そうと思っています。

週末にどれくらい暗記科目を復習できるか。

見ものとなりました!

後は結果を楽しみに(?)待つだけです。 (笑い)
posted by 髭親父 at 00:27 | Comment(5) | TrackBack(0) | ちゃっかり妹の日記
2007年05月11日

連休の成果



すっかりブログも連休になってしまいました。

ちゃっかり娘のぷーたんは、このところ私のサボりとは違い、かなり気合が入っているようです。

24日には、中間テストが始まるようです。
さすがに1学期の中間ということで、範囲はほとんどが全学年の内容です。英語・数学・国語はともかくとして、理科・社会の暗記科目には要注意といったところでしょうか。

暗記科目の場合は、覚える範囲が広くなると短期間ではほとんど手をつけることができなくなってしまいます。
日頃から用語の暗記など全体を見回しておくことが大事、最低限のことだと思います。

話が離れましたが、
連休中にめでたく一次関数を終了し、図形に入りました。
夏休み前に数学を終了するという計画は大丈夫のようです。
数学に関してはなぜか学習に夢中になれるようです。
(英語とか、社会にもこの集中力を発揮して欲しいのですが・・)

ということで、6月からは、平方根・多項式あたりを一気に攻めてしまうかという計画の修正案を提出しようと思います。
乗っかってくるかどうかはなはだ疑問ですが。(笑い)

どうも中間テストの学習には身が入らないよう。
後ろを振り返るのがどうも後手に回るというのは親譲り(笑い)かもしれません。


                  −それじゃ点数取れないよ−
posted by 髭親父 at 17:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | ちゃっかり妹の日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。