東大受験|県立高校から東大を目指す!(小中編)

2007年08月30日

模擬テストが返ってくる・・・その2



昨日
模擬テストが返ってくる
というタイトルの記事を書いたのですが、点数、偏差値ともに極めてローカルなお話ですので、多少付け加えておきますね。

まず、さときちさんのコメントの指摘にもありますが、
新教研の点数は235点以上を取っておく必要がある、
ということは、本当に的を得た指摘なのです。

福島県内の進学校に合格するだけなら、必要のない点数ですが、その後の難関国公立大学現役合格を目指すのなら、235点位取れていないと高校でかなり苦労することになります。
ですから、中学時代から大学受験を目指す際の指標として考えての点数と思っていただけたらと思います。

そして、もう一つの偏差値。
受験の世界では一般化されていますので、多くの方が知っている言葉ですが、今回の偏差値はあくまでも母体が福島県の中学生です。

東京の進学塾の先生のご指摘だと、最低でも5点、もしかしたら10点近く首都圏の偏差値とはずれがあるのではないか・・ということでした。
東京の受験誌に登場する有名国立、私立大学の合格基準偏差値が70、73とか表示されていますが、あれとは全く別物とお考え下さい。福島県内の70の偏差値で首都圏の70の高校を受けたらまず間違いなく落ちます。(苦笑)

推測で書けないので、体験的な一例を示すと、
中学時代、県内偏差値74、75の生徒が高校生になり、
全国模試(進研模試)を受験すると、偏差値70を取れれば上等・・
ということも普通にありえることです。

勿論最初から大学受験を目指して先取り学習をしていた生徒などは、
逆に高校に行ってからの偏差値の方が良いという例もあります。

つまり、中学時代から大学受験を意識して学習計画を組んでおく必要があるということです。

数年前に、いわき地区から東大現役合格者5名とか出たことがありますが、その中で理V現役合格を果した生徒は、高校入学時には既に数Vを学習していたそうです。
数学が得意科目だという生徒は、このように大幅な先取りをしている例も少なくありません。

兄貴のブータンは現在高3ですが、
「クラスに数学が得意な奴がいる!」
と言っていましたが、やはり、高1の時に既に数3を学習していたそうです。

いわきあたりだと特殊な例かもしれませんが、中高一貫校であれば、別に特殊ではないわけです。中学3年には全員が数1を始めているわけですから。

話が大きくそれてしまいましたが、
残念ながら公立中学、高校での進学指導が中高一貫、私立高校ほど期待できない現在、ある程度の計画を親が立ててあげるというのは、「親の仕事」の一つかもしれません。
(こちらの地区の公立のお話ですので、他府県、他地区の公立高校には当てはまらないところも相当にあるかもしれませんので、ご了承ください)


それと、最後にひとつ、235点のお話を・・・
いわき地区で東大合格を小学校から狙っていた生徒は、中学時代コンスタントに学力テストで235をたたき出していたそうです。
どの程度の先取りをしていたか不明なのですが・・・・・
別にその生徒は常に中学でトップであったわけでもありませんし、目標を大学受験、東大受験に照準を合わせ学習計画を立てていたようです。
そして、無事、東大文T現役合格を果したということです。

中学時代、小学時代?、からの計画的な学習が現役合格を呼び込むのだということの一つの例として取り上げておきます。






 トイウコトハスデニコノブログのタイトルとムスコムスメノセイセキニハ、イラキガデキテシマテイルとイウコト・・・

                      (大笑い)
posted by 髭親父 at 15:16 | Comment(10) | TrackBack(0) | テストの反省・・
2007年08月29日

模擬テストが返ってくる・・・



新教研、模擬テストが返却されてきました。

夏休みの8月上旬に受験したものです。
今回ぷーたんは2年生受験、3年先取り受験とダブル受験を敢行しました、が・・・
参加することに意義があった、という結果に相成りました。


2年生受験の成績
    得点 偏差値
国語  47  66
数学  50  75
英語  42  72
理科  47  68
社会  36  61
3教科139  74
5教科222  71

3年生受験
    得点 偏差値
国語  41  66
数学  43  74
英語  40  73
理科  33  57
社会  29  54
3教科124  73
5教科186  67
(各教科50点満点)

2年の範囲は社会が完全に足を引っ張ってしまいました。
3年の範囲に関しては、3教科は上出来だと思います。
理科社会は、3年の範囲を一切先取りしていない状況ですので、この程度だと思います。ただし、社会に関しては地理の1年生の分野が記憶から完全に抜けていたようです。

夏休みは3年生の1学期の範囲の復習を中心に学習しましたので、2年生の範囲の理科・社会分野の学習を何も手をつけず模擬テストを受験するというおろかな行為に出てしまって、こんな有様です。

兄貴のブータンとの違いは、理科社会の得点が12・3点低いというところが違っています。

今回の2年生の県内最高得点は、242点(3名)、
   3年生の県内最高得点が、231点であることを考えると、
2年生の試験の方では、もう少し健闘して欲しかったところです。

ぷーたん自身の反省点は、
英語のリスンングが良く分からなかったということです。
英語を聞いているのをほとんど見たことがないので、
当然といえば当然のこと。

9月8日には、3年生の新教研がまた待っています。
国語・数学・英語の3教科をコンスタントに得点できるよう、
予習、復習を繰り返し行わせようと思っています・・・・・

そんなこんなしているうちに、学校の学力テストも今週末にあるとのこと、夏休みの力がどの程度ついたか、試す機会は何度あっても良いと考えている、親父です。
posted by 髭親父 at 21:42 | Comment(8) | TrackBack(0) | テストの反省・・
2007年08月11日

模擬テスト終わる・・



新教研模擬テストが昨日終わりました。
予定通り、ぷーたんは2年・3年と2学年分のテストを受験。
自己採点の結果は、教えないところをみると、
どうも45点平均はいっていないようだ。。。

さすがに3泊4日の千葉行きがきいたようです。
特に社会がひどかったらしいです。
夏休みに入ってからまともな勉強をしないで受験しましたから、
まともな得点をあげれるはずもなし!というところです。

3年生と一緒に受験したテストも、
理科・社会が60%
国語・数学・英語が80%
の得点を目標にしていたのですが・・・
どれだけ達成できたのか、分かりません。
国語、数学はそれなりに奮闘したようですが、
英語のできがひどかったようで、かなりの落ち込みようでした。

それもそのはず、テスト前に英文法の復習をやり終えるはずが、
3・4割しかやってなかったようです。

夏休み後半、何とか英語の底上げを目標に頑張らせたいと思っております。

と考えているのですが、今日は家内と一緒に、福島までじいさん、ばあさんのところにお泊りです。(笑い)


明日、帰宅後からの奮闘に期待したいと思います。

          (お盆休み・・大丈夫かなぁ〜)
posted by 髭親父 at 21:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | ちゃっかり妹の日記
2007年08月06日

帰ってきました・・



ようやく全国大会から兄妹そろって帰宅しました。
今日は当然(?)ながら、早寝ですねぇ〜。
これから勉強するほど、根性はないようです。

いよいよ、4日後に迫った学力テスト。
明日からは最後の追い込みで朝から晩までしごきまくります!(爆

夜に課題をやるために多少勉強道具を持ち込んだ兄弟ですが、
結局兄だけが、英語を少々やっていただけのようです。

この4日分の遅れはでかいです。
本人たちが充分理解していればいいのですが、
何となくまだ浮ついた気持ちでいるようで・・・

他の子たちはその間に少なくとも数十時間の学習をこなしている、
ということを意識して欲しいと思います。

もうすぐお盆休みにもなりますが、
今年はそんな悠長なことは言ってられないようです。

墓参りを済ませたら、取り返しにかからせようと、
既に髭親父、「鬼」になりつつあります。

今日で47歳!

ますます融通の利かない親父になりつつありますが、
子供たちには厳しく、自分に優しく(笑い)、
という姿勢を今後とも貫いていこうと思っています。

毎日熱帯夜のような夜が続きますが、
体調をきちんと管理し、この夏、を乗り切って行きたいと思います。

皆様もライバルは必ず頑張っている、
その言葉を子供たちにかけてみてもいいかと思います。
幸いブログをめぐっておりますと、夜中まで頑張っている子供たちを掲載しているようなブログもあります。

自己啓発、子供たちにやる気を出させるためには、
やはりライバルが必要であるということをしみじみ感じています。


           さぁて、明日からまた大声で頑張ります!


※そう言えば、
 兄貴は全国大会で永年功労賞の全国代表に選ばれ表彰されたということです。(小学3年から高校3年まで頑張ってました!)
 こういうものが、多少なりとも入試に絡んでくるようになると嬉しいんですがねぇ〜。部活をしていない高校生としては・・・
 (かなり、愚痴が多い親父でした・・苦笑)
posted by 髭親父 at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちゃっかり妹の日記
2007年08月01日

先が見えたので・・・



先取り学習ペースダウンしています。
というか、させています。(?????)

どうも乗ってくると、どんどん先に進んでしまう「癖」があるようなので、敢えて3歩進んで2歩下がる・・を実践させています。

数学は2次方程式まで一通り終わらせたようなので、
平方根、乗法公式あたりの復習を兼ねて反復練習に入りました。

英語、コチラはゆったりペースでしたのでさほどの先取りはできていませんが、受動態、完了形が終了した時点で、1・2年の文法プリントに切り替えました。

10日の模擬テストまで、
もう時間がありませんが、
英語を何とかレベルアップしてもらおうと今日課題のプリント集をしこたま作成し渡しました。(笑い)

理科社会はほとんど手付かずですので、高得点は望めませんが、
英語、数学だけは、3年生と同等の点数を取ることを目標に頑張っているようです。
(どうせ参加するなら3年に負けたくないという根性の持ち主です。
 兄貴とはちょっと違った性格・・・結構頼もしいかもしれません)


残念ねことに、3日〜6日まで、(泊りがけ)
現在所属している地域の団体の全国大会がありまして、
ほとんどこの期間は現況ができません。

なんとかそれまでに、3年1学期までの一通り、いや二通り(?)の復習をさせてから、10日の模擬テストに臨ませようかと思っています。

最近朝9時から午後6時、7時くらいまで鉛筆を走らせているようで、結構ペースが速いです。

1日に100枚くらいのプリントは充分こなしているようです。


まとめて詰め込んだ知識というのは結構強いものがあると個人的には思っています。
「忘れてしまう」
「毎日コツコツ」
といった声もありますが、
私個人としては、大量インプット、短時間での反復が記憶の定着、「慣れ」を生じさせるにはもっとも効率の良い方法だと感じています。

夏休みはまだまだ時間があります。
模擬テストが終われば、足かせがなくなるので、
先取りのペースがますます加速しそうな勢いです。

親が知らないうちに次の単元に進まれると、
面食らったりもしますが、思わぬ感動だったりもします。
まだまだ定着度合いは足りないですが、自力で完走するところから反復が始まると思いますので、ほったらかしにしてあります。


兄貴の苦戦を横目で見ているからでしょうか、
意外と二番目はそんな家庭の事情を肌で感じているような気がします。

兄貴の方は現役にこだわるのか、
浪人覚悟で第一志望を貫き通すのかまだ決めかねているところもありますが、
「現役のときにベストを尽くせない奴は、浪人しても同じ・・・」
この言葉だけ伝えて、あとは本人の判断に任せることにしました。


今年は、いろいろな意味で「熱い」夏になりそうです。
既に半分が経過しそうな今、
子供たちがどれほど頑張ってくれるか、
親父も「熱い」視線で見ていようと思います。
posted by 髭親父 at 20:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | ちゃっかり妹の日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。