東大受験|県立高校から東大を目指す!(小中編)

2007年09月24日

親がいなくても・・・



親がいなくても・・・


急用で九州は鹿児島まで飛ぶことになりました。
この間にぷーたんの期末テストがあります。

夏休み明けのテストで、大敗北を喫してしまったぷーたんですが、それ以来どうも調子が上がらないような気がします。
その原因の一端が、親と兄貴に言われた・・・
「現在習っているところ、先取りしているところを”今”完璧を期すよりも、とにかくどんどん先に進んで、全体像を見回すことだ」
というアドバイスです。

果たしてこのアドバイスが良いのか悪いのかは、定かではありませんが、
少なからず娘のぷーたんに与えた影響は大きかったようです。

言われた当初は、どんどん進み全体像をとらえている間に、目の前のテストで遅れをとることに気乗りをしない様子でしたが、英語なり数学なりでは、関連する項目が出てくると以前の内容がより一層明確になるということが把握できたようです。

2次関数をやると一次関数・比例をなぜ学習したかが分かる・・・
そんな気づきがあるのだと思います。

ただ、やはり、”今”やらなければならないテスト勉強で手を抜くこと、点数に妥協することは良くないですね。

「しょうがない、別な勉強をしていたから・・」
こんな言い訳をするようなら危険信号ではないかと思います。

満点を狙うことは、95点以上でOKという学習と、数倍の学習が必要だと個人的には考えています。
ですから、満点を狙うよりもその分を先々に目を向けたほうがいいのではないか・・という考えが根底にあって進めているのですが。

ここで注意、当たり前のことですが、6,7割しか現在学習しているところがわからない、得点できないのにどんどん先へ・・・という学習方法は全く方向がずれていると思います。

どんどん先へ進むという学習の前提には、少なくとも現在学習している内容は完全に理解できている、というのが望ましいことだと思います。

それでも漢字間違い、勘違いなどをするのが人間。その「分かった積もりでいるのに、或いは正解を書いたはずなのに、写し間違い」そういうところに気を遣いながら学習しないと満点はなかなかとれません。
98点は簡単でも満点が難しいと言われるのがそういうところだと思います。

考えようによっては、分かっているところ理解しているのに間違う、という点に対する学習は、その間違った単元を学習しなくとも「演習できる」という考え方もあります。

何度も同じところを繰り返すことはとても大事なことですが、
先に進んでみると歩いてきた道のり、つまずきやすいところが見えるということもあろうかと思います。


いろいろ思いつくまま書いてしまいましたが、
結局は、行動を起こしている人間は学習しているところだけではなく、過去に学習した単元、これから学習した単元、別の教科など縦横のつながりがクモの巣のように結びつき知識が広がっていくと考えます。

例えは違うかもしれませんが、
運動選手が何をやってもかなりのレベルで上手いということだと思います。
「走ることが全ての運動の基本」だと聞いたことがありますが、
運動音痴の私には、どうもその走ることの正確な意味がまだまだ分かっていないようです。

posted by 髭親父 at 21:58 | Comment(5) | TrackBack(0) | ちゃっかり妹の日記
2007年09月15日

着々と・・・



着々と予定が遅れています・・・・・(オイオイナンジャ?)

ここに来て娘のぷーたんのペースダウン。
夏の疲れが出たのか(疲れるほど勉強していない:笑い)、
だらだらと過ごす日々が続いているようです。

冬休みに入る前に、中学英数の完了という目標はどこへやら。

先日の2者面談で、
志望校を地元の国立と応えてきた娘。

どうも普通高校へは行きたくないらしい。
兄貴の受験勉強の大変さを見てしまったためか、
もともと辛いことにはさっさと逃げ出す性格が災いして(?)、
専門学校へ逃げ込む気らしい。

本気なのか聞いてみたのですが、
どうも本気らしい。

まぁ、いざとなれば大学への編入という手も残されているので
しばらくは様子を見ようと思いますが・・・

少し気になる点が。
いつだったか、成績がダントツ1位であれば、
東大に編入できる!
なんてことを言った記憶があるもんで、それを真に受けているのではないだろうか・・・そんなことが頭の隅にあります。

確かに地元の国立専門学校。
最近は進学率がかなり上がって「進学校」と言われることもある。

世渡りの上手い娘の勘が正しいこともあるし・・(爆笑)

どちらにしても、国立専門学校自体の難易度も決してバカにできないレベル。
今のだらだら状況では、とても合格など覚束ない。

夏ばてが「頭」に来ているようで。。。
気を引き締めさせなければ。
posted by 髭親父 at 11:26 | Comment(5) | TrackBack(0) | ちゃっかり妹の日記
2007年09月06日

夏休み明けのテスト・・大失態!(爆笑)



夏休み明けのテストで、
ぷーたん、やってくれました。

夏季休暇中の学校の課題に関するテストですので、
当然のことながら出題する先生は、今回ばかりは満点を期待するテストです。

ところが・・・

とんでもない点数をたたきだそうです。
あまりのふがいなさに、本人ひたすら点数を隠しております。(笑

まぁ、予想はしていました。
しかしながら、成績(内申など)には、関係のないテストということで、あまりくどくどと言わなかったのですが。

テストの前日やっていた学習というのが、
夏休みに学習した、平方根・因数分解の復習、
英語の構文練習などなど・・・
およそ、明日のテストの勉強とは程遠い内容。
英語数学くらいならまだしも、
せめて理科、社会くらいはやっておいて欲しかった。

後の祭りです!

まぁ、こういう、悲惨な点数をたまにとって「焦り」を生ませるのも良いと思います。本番なら大変なことですが。

そんなこんなしているうちに、
いよいよ、今週末には、新教研の9月号のテストがあります。

こっちの学習はきちんとしているんでしょうから、
せめて前回ぐらいの成績は残して欲しいところです。

最近は学習、勉強はほとんどゲーム感覚でやっている様子。
それはそれで、ある意味楽しんでやるという点では、評価できるかもしれません。

しかし、良くないのが、「ヤマヲハル」という暴挙も覚えてしまったというところでしょうか。

この点が、兄貴のブータンとは全く違うところです。

要領の良さが裏目に出ることが、最近は良くあるようです。
範囲も広くなってくれば、当然のことです。

一番取ることより、先に進むことを少し考えたら・・・
こんなことをポロッと言ってしまった親が大馬鹿と言われればそれまでの話ですが。

幸いなことに、福島県の入試が、どの高校も上位陣がギリギリの戦いをしているというところはほとんどないですので、それでもいいか。。。何て考えたり。。。

高校に入ってからいかに切り抜けるかを考えて勉強しておいた方がいい、というのは(変な)兄貴のアドバイス。

しかしねぇ〜。
テスト直前ぐらいはそのテストに集中してくれないと、
そのうち取り返しのつかないことになりはしませんか。。。と。


せっかくその気になっているところに水を差すのもなんですし、
しばらく様子を見てみることにします。




         ホント テオクレニナラナイダロウナァ〜
posted by 髭親父 at 20:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | ちゃっかり妹の日記
2007年09月02日

皆様のコメントにお礼を・・・



pocohahaさん、さときちさん、しいちゃん母さん、kyouikupapagonさん、いなかのママさん、松さん。

皆さん、コメントどうもありがとうございます。

たくさんのコメントをいただきいろいろ思いをめぐらし、返事が遅れてしまったことを冒頭にお詫びいたします。

勝手ではございますが、たくさんのコメントに私髭親父、なりの考え、思いを伝えたいと思います。
お一人ずつでなく申し訳ありませんが、ご了承いただけますと幸いです。




このブログを立ち上げる時に考えたこと・・・
なぜ、私の住む地区、地域ではいわゆる超難関大学に進学する生徒が少ないのか、ということです。
大学だけが全てではない、学力偏重だ、と言われてしまえばそれまでかもしれませんが、大学受験に苦労をした親父のぼやきとして田舎から例えば東大に合格するためには、どのくらいの努力、どのような方法論があるのかと思い、皆様のアドバイスなども得られればというむしのいい思いもありブログを立ち上げました。

もちろん我が子がいざ大学受験に直面したときに素晴らしい生のアドバイスが得られるという、おはずかしながら、そんな「ずるい」思いもありました。

皆さんのコメントを読ませていただいて、いろいろと考えさせられました。
本当にありがとうございます。

そして、首都圏、都会の進学校、中高一貫校と田舎の進学校の違いに関して持っていたイメージというものが、ある部分でより一層色濃くなり、もう一方で薄らいでいくといった相反する思いになったのも事実です。

それは、

・年少の頃からひたすら大学受験を意識しながら努力するという子供たちがいるということ。
・年少の頃から詰め込みすぎてしまい、「のびしろがなくなっている」という状況もある
ということ。
相反するようですが、どちらも真実だと思います。

そして、そのような状況も鑑みながら申しあげられるのは、
残念ながら私の住む田舎が他の「田舎」の高校にさえおよびもつかないという、事実もまた思い知らされました。
このブログで「田舎の高校」「地方の公立高校」とひとくくりにして申し上げられない部分が多々あるということも感じました。

一つの例ですが、

いなかのママさんが、おっしゃられているような、
2番手、3番手の進学校が残念ながら我が地区には存在しないのです。
我が県の偏差値58の高校では、旧国立T期校に1名入ればスターになれるような状態です。国立大学医学部などというのは夢物語以外何物でもないというのがさびしい現実です。

なぜこのような状況が起こるかもまた、我が県、我が地区の問題点だとも思うのですが・・・

>三年生の部活終わり、夏休みから一日15時間勉強です。殺気だっています。日本は広いです。田舎はまだこんな子供いっぱいいます。

おそらく我が田舎の生徒たちは、こんな状況で学習している子供たちがいることを知らないと思います。
2番手、3番手高校と1番手の高校に自ずと差、壁を作ってしまっているのかもしれません。

公立トップ校のすべり止めと考えられていた新設の私立高校から今年東北大学の医学部に現役合格者が出ました。新聞に掲載されたその子のコメントが、まさしくいなかのママさんがコメントしてくれた、1日15時間の世界だったのです。(時間はもう少し少なかったようですが・・苦笑)

この地方紙の記事を果たして、何人が我が事のように感じたでしょうか。
ごくごく少なかったはずです。

そして、自分でもできる!
と感じた子供たちがこれから頑張れる受験生、人間へと変身を遂げることができると考えます。

同じ地方でも、なぜに「努力」を当たり前と考える子供と「努力」をしない子供が生まれるのか。

子供たちだけの問題、責任だけで片付けられる問題ではないと思います。

全国で学力が最も低いと言われる、我が地区からでも東大合格者0でも、国立大学医学部合格者0でもないんです。
合格者は必ず出ています。その成功体験、成功事例をなぜ自分のものとしないのか・・・そこが一番の問題点だと思います。

大学合格への方法論は様々だと思いますが、
多くても、少なくても、成功事例を自分に置き換えるという「意識」と「努力」ということを忘れて、いえ、実践しなくては何も生まれず、向上もしないとつくづく考えされられました。

進学高校にさえ入学すれば、東大合格が手に入ったと錯覚してしまう、子供と親。そんな考えの親子では、地方の進学校に入学しようが、東大に100名以上合格する中高一貫校に入学しようが、「東大進学」など夢と消えてしまうことでしょう。(東大進学は難関大学進学の一つの例です)

このpocohahaさん、さときちさん、しいちゃん母さん、kyouikupapagonさん、いなかのママさんのコメント、そして、先日の松さんのコメントを我が地区の親御さん、お子さんに本当に読んでいただきたいと、心から思います。

皆さん、貴重なご意見、ご提案を本当にどうもありがとうございます。
改めてブログを書いていて良かったと感じます。

これからも拙い文章で、我が子の成長を綴って行きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

どうもありがとうございます。
posted by 髭親父 at 22:55 | Comment(8) | TrackBack(2) | テストの反省・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。