進研ゼミが基本 (2)

2007年01月19日

進研ゼミが基本 (2)



進研ゼミを中心にすえた学習法のポイントは、

「国語力」であると前回申し上げました。

それでは、何故「国語力」が大事なのか、また、具体的にはどのような学習方法で進めていくのかについて書いてみます。

進研ゼミを予習に最大限生かす!

このために「国語力」(当初は漢字力)が必要になります。

予習に最大限生かす、とは・・・・・

1学年先取りしてしまう、ということです。

つまり、小学1年生の時に、小学講座の2年生を受講するということです。

何か大掛かりな作戦のようですが、実は大したことはありません。

小学1年生の教科書を見てください。
算数にしても、国語にしてもかなり薄めの教科書。漢字の学習に至っては、わずか80字程度しか小学1年生には充てられていません。

ですから、小学1年生の夏休みまで、スタートダッシュをかけます。すると小学1年生の学習+2年生の1学期の学習は終えてしまうはずです。

このスタートダッシュの時期をうまくお子さんを乗せて、成功すれば後はどんどん自学学習に弾みがつくことでしょう。

1週間に10時間程度の学習時間が習慣化できているなら、夏休みまではかかりません。まして、幼稚園・保育園などで入学前に学習準備のできているお子さんならなおさらです。

問題は、この入学前学習準備が上手に行き過ぎて学校の授業が分かりすぎて「面白くない」という状況を作らないことです。

どんどん面白い知識が吸収できる時期なんだということをお子さんに意識させることだと思います。「詰め込み」「ゆとり」などということを言っている場合ではないのがこの時期だと思います。

たいていの場合、この時期のお子さんは何でも、短期間に吸収できる素晴らしい時期です。
「自分の子が天才ではないか?」と親馬鹿になる時期でもあります!(笑い)

この時期にサッと「ゆとり教育」を逆手にとって、自学学習のできる子供作りを家庭で行ってしまうことこそ得策だと思います。

このスタートダッシュに利用するためのお奨めできる教材が、陰山式の教材です。

小学スタートダッシュ

徹底反復新漢字プリント―小学校全学年徹底反復音読プリント―陰山メソッド 小学校全学年徹底反復陰山メソッド学年別読み書き計算プリント 1年 (1)陰山英男の徹底反復シリーズ  徹底反復「計算プリント」<小学校全学年>

全学年対応版を購入しておけば、進研ゼミ受講開始後も利用することができますので、大変便利です。

全ての教材が必ずしも必要ではありませんが、

○徹底反復新漢字プリント―小学校全学年
○徹底反復音読プリント―陰山メソッド 小学校全学年
○徹底反復「計算プリント」<小学校全学年>

この3冊を徹底して繰り返せば、必要充分です。

さて、その方法ですが・・・
計算は時間を決めて(10分単位で)、とにかく繰り返すこと。だらだら、何時間もやらせてはいけません。
徹底反復漢字プリントは、ページをコピーし、パウチします。
それをお風呂に持ち込んで、漢字の読みを徹底練習します。小学1年の漢字が全て含まれた文章が、わずか17文!その中に1学年の漢字が全て含まれています。読みだけなら1週間もあれば充分すらすら読めるようになるはずです。
(ページにして2ページ!コピーして裏表でパウチすれば1枚です!)

如何に1学年分を先取りするのが簡単か分かると思います。

同様にして、音読プリントもパウチしてお風呂で音読!がいいと思います。

お風呂で漢字の読み、音読をする習慣。
机に向かって、漢字の書き取り、計算をする習慣が1ヶ月続けば、あっという間に小学1年の算数・国語は先取りできます。

この集中学習を行う時には、必ずタイマーを用意してくださいね!

机に向かってする計算、漢字練習は、最初は、ワンクール1・2分、最大で15分程度にした方がいいです。
それを何クールできるようになるか・・・是非お子様に試してみてください♪

きっと驚かれますよ。

この3冊を存分に生かすことにより、教科書レベルの問題はことごとく撃破していくことができると思います。


             −−−−− 続く −−−−−
posted by 髭親父 at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | 勉強法:しっかり兄貴編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

小学校 一年生 テスト (算数)
Excerpt: 日本では、そろそろ学年末。もう一年生の教材は終えた お子さんも多いのではないでし
Weblog: 〜カリフォルニア日記〜
Tracked: 2007-02-08 09:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。