妹の勉強事始

2007年01月23日

妹の勉強事始



兄貴のブータンの小学校の学習について前回まで書いてみました。

基本は「進研ゼミ」にあり、独学で未履修単元を自学自習できるようにすることが、小学時代の課題としてとらえていました。

同様に、妹に関しても同様の作戦を採りたかったし、実際に採ってもみました。同じ兄妹でも違うんですね。当たり前ですが・・(笑い)

進研ゼミの1学年先取りまでは、兄貴と同様にやってたのです。
しかしながら、学習時間が短いんですよ。毎日の学習の時間が、30分とか1時間、下手するとゼロという日も幾日も続くんです。

その代わり、自分で何かを調べるとなると時間を忘れて、徹底的に!ということになるんです。
ですから、兄貴がいつも定時になるとさっさと寝るんですが、妹の方は、夜中の12時、それ以降などということもあったのです。
小学生ですからねぇ〜、さすがに次の日は起きられず、毎日集団登校についていけず一人でトボトボと歩いていって、校門前で校長先生に声をかけられる始末。

家庭訪問のときなどは、ひどいもんです。

「ずいぶん遅くまで、娘さんに勉強させているようですね。」
ですって! (苦笑)

娘には勉強しろ!などと言ったことはないんです。家の方針で、妹二人には勉強しなさいという言葉は、発しないようにしているんです。
まぁ、自分でやりたいのであれば教材などは用意してあげる、という感じです。

ですから、妹が兄同様「進研ゼミ」の学習を開始したのは、1年遅い小学2年のときから、3年の講座を始めたということになります。

この進研ゼミの課題のやり方もまた、兄妹で全然違うんです・・・・・

それは、


                    次回で!



posted by 髭親父 at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法:ちゃっかり妹
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。