できる子は先生に嫌われる?!(1)

2007年01月28日

できる子は先生に嫌われる?!(1)



できる子供は、先生に嫌われる・・・・・

こんなことはないとは思ってましたが、最近はそうでもないようです。
前回一生懸命に宿題を手作りし、「やる気」を引き出す先生のことを書きましたが、いわゆる「マイペース」の先生も公立の小学校にいるのも事実のようです。

勿論これは、全部が全部の先生とは言えませんし、たまたま(?)そういう先生にあたってしまった、ということだけのことかもしれません。
しかしながら、どう考えてみても現在(2・3年前)の文部省の指導要領においては、できる子にはどんどんやらせるといった方策が採られていませんでしたので、自宅で予習をしている子供たちは、先生にとっては逆に扱いにくい子供たちになってしまうことにもなりかねません。

辛抱強い子供は、分かりきっている授業を「聞いているふり?」をするでしょう。しかし、その授業が先生の体験などいわゆる「余談」が含まれない授業の場合、つまり教科書の二番煎じに終始する授業の場合、予習をしている生徒にとって、極めて退屈な授業になるわけです。

中学、高校になれば、教科書の例題・演習問題を全て完璧に理解できる生徒というのはまれになりますので(公立の場合ですよ)、授業を完全に無視する生徒などはごく僅か、ほとんどいないとは思います。

一方小学校では、「ゆとり教育」の影響で、教科書の内容が極めて貧弱になっています。おまけに先生が教科書通りの授業などをやろうものなら、「成績の良い生徒」は、完全に先生に無視されていると感じてもしかり、だと思います。

気の利いた先生なら、別問題などを与えておくでしょうが、とにかく授業は聞きなさい!という、平均的な(この場合、例外なく成績中の下)生徒を対象にした授業を聞くように求めるわけです。


こうした悪循環を繰り返すうち、せっかく「予習」という好ましい学習習慣を学校側から否定されるということにもなりかねないのです。

娘は、残念ながら小学5・6年の時に上記のタイプの先生に当たってしまいました・・・
授業参観に行ったときにその内容を見て、唖然としました。
これが、今時の公立小学校の現実なのだと・・・

予習をしてくるような生徒が手を上げても、まず指名されることはありません。あくまでも先生の授業を聞いて、「その場で」分かった生徒を指名するわけですね。

まぁ、先生の気持ちも分からないではありませんが、やはり前述しているように「勉強・学習」に自分の柱を持っている生徒には、そちらの方面で伸ばすことを考えてもいいのではないかと、改めて思いました。

さすがに、6年生の2学期あたり、中学校入学が見え始めてきたあたりから、娘もいらいらし始めてきたようです。

そして、遂に、そのいらいらが・・・・・


                   続く


posted by 髭親父 at 23:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 勉強法:ちゃっかり妹
この記事へのコメント
今日は。以前のブログを楽しく拝見させて頂いていた者です。

ブータンは東大から方向転換してしまわれたのですか?
その後の御兄妹の様子が気になります。
高校編は再開されないのでしょうか?
Posted by ポラン at 2007年01月29日 11:30
ポランさん、初コメントどうもありがとうございます。m(__)m

ブータンは、高2の現在、目標が東大から医学系の大学へと方向を変えてしまいました。
来年度(もうすぐですね!)から、高校編のブログは、その様子を書き連ねて行きたいと考えています。

こちらのブログに関しましたは、前ブログから引継ぎ、小中学生の勉強法(実践したことだけ・・笑い)と、妹の学習状況などを書いてみたいと考えています。

時々のぞいていただけると幸いです。

どうもありがとうございました!
Posted by 髭親父 at 2007年01月30日 21:17
お久しぶりです。
父の看病で久しく遊びに来ていませんでした。
とても素敵なサイトに変身していたのでビックリです。
今は実家で生活をしていてネットが使えないのでとても不便な生活をしています。
たまに帰ってきた時に更新をしているので
チョッと乗り遅れている母です。
Posted by おちよ at 2007年02月10日 18:11
おちよさん、こんにちは。
コチラこそどうもご無沙汰しておりました。
娘さんが渡米してからいろいろ別のことで大変のようでしたね。コチラもなかなか更新が進まないですが、たまに顔を出させていただきます。
今後とも末永くよろしくお願いいたします。
Posted by 髭親父 at 2007年02月12日 12:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。