伝説を作れ!

2007年05月21日

伝説を作れ!



久々に皆様からのコメントが質問とともにございましたので、こちらにて書かせて、頂きたいと思います。


れんげそうさん、こんにちは!

>地元の低レベルの公立中学に行っていますので、まあ当然学年トップかな・・・なんて楽観してたのですが、とんでもない!

そうですね、福島県でさえ(こんなこと書いたら叱られてしまうかもしれませんが:苦笑)、公立の中学校で学年トップを取るのはなかなか難しいものがあります。

何せ、定期テストですと、先取りをしてようが、してまいが、範囲が狭いので、差がつきようがないですから。ほとんど出る問題も分かっていますし。

rioさんの仰るように、定期テストで問われるのは、正に分析力だと思います。

あちこちで書かせていただいていますが(笑い)、範囲表は読破し、分析するものであり、眺めてテスト範囲のページだけを確認するものではありません。

親には当然と分かっていても、子供たちでこのことを意識している生徒はまずいないと思います。
ですから、親がテストの数日前に、プリントなり、教科書の対応の問題集など学校で配布されているものを口頭でチェックすべきなのです。


特に、理科・社会・国語は、答えを数秒以内に言えるようになっていなければなりません。
(国語の文章を読まなければ答えが分からないなどは、論外です! 定期テストでは国語の文章を「良く読んで」はいけないのです。)

また、英語・数学などでは、答えがなぜそうなるのか、理由もいえるようにしておけば、変な間違いを避けることができると思います。

定期テストは、いわば、短期決戦です。
しかしながら、英語・数学の先取りは、実力テストなどの長期決戦(範囲が広いテスト)に特に、むいていると思います。

最後の入試本番は長期決戦ですから、先取り学習をしている方は絶対に有利になります。
復習を余裕を持ってできるなど、反復回数が全然違ってきますので!

さて、トップを取ることももちろんモチベーションを上げるには大事なことかもしれませんが、私個人としては、

「点数にこだわりたい」

です。

定期テストでは、ズバリ! 「満点」・・・
これは、冗談として、最低点数で「95点平均」。
この点数以上を常にキープできているとすれば、少なくとも短期決戦向きの学習法は身に付いていると考えて良いのではないでしょうか。
(トップも見えてきますし・・・)

            なぜ目標が満点ではないの?

ただ単に満点取る人が気持ち悪いだけです。(笑い)

私の中学時代の同級生に500点満点、実技教科も入れて、900点満点を連発する女性がおりました。
いわば、伝説の人です。福島県は日本でも面積がかなり広い都道府県に属しますが、県内の同年代の中学生で、彼女を多分知らない人はいなかったでしょう。
因みにうちの奥さんは、会津出身なのですが、知ってました!

余談はともかく、定期テストの目標点数は、

人間らしく、98点平均!  (大爆笑)

我が家では、今のところこれが合言葉になっています。


理科・社会の一問一答問題集の件ですが、
高校受験用のものであれば、良いと思います。

一般の書店でも良いものがありますし、塾、学校関係で知り合いの方がいらっしゃれば、そちらにも良書があります。

うちで使っているのは、
「一問一答式 高校入試 理科用語問題集」
「一問一答式 高校入試 社会用語問題集」
の2冊です。

資料、実験などの問題も掲載されているので便利です。
(但し、塾専用教材です)
https://www.bunri.co.jp/shop/material.asp?use=1&sch=3&ser=53&sub=&gra=&bas=&mat=&rev=0

なぜ、中学1・2年生に高校受験用をやらせるのか・・・
ズバリ!問題数が少ないから、絞り込まれているからです。
1・2年の学年用だとどうしても問題数が多く、反復学習には不向きです。
(理科社会の反復学習の時間が通常取れる方には、状況が違ってくると思いますが)

隔日、週1・2回程度習ったところまでを、いつもスラスラ言えるようにしておけば、実力テストでの効果は、想像以上だと思います。
(最後は、実力テスト直前に単元ごとのテストで仕上げるだけ!)


http://www.terakoya7.net/archives/cat_50208050.html

http://www.terakoya7.net/archives/cat_50208051.html

一般書籍に関しては↑を参考にしていただけると幸いです。





pocohahaさん、こんにちは!

>いつもZ会・教科書・スキルを見直してます。あと数点が取れないのは「抜け」がまだあるからと言ってますが、口で言っても分からないんですね・・・

何度も反復していると、どうしても分かって、覚えていないのに通過してしまう問題が出てきてしまうのだと思います。
全ての問題を親が口頭でチェックすればいいのでしょうが、そんなことしてる場合でもないので、そういう場合は、我が家では、別問題集(プリント)に手を出させます。

但し、これはあくまで弱点発見のためであり、通常学習している問題集とは全く性格を異にしています。失敗した問題があったら、必ず通常使用している問題集に戻ること、こう指示しています。



rioさん、こんにちは!

娘さんも高校生になるんですね。
その前に、大学受験ですね。
うちの息子のブータンは、ようやくエンジンがかかりだしたのか、
髭親父が「机に向かえ!」という声を最近出さずに済むようになってきました。(笑い)

田舎から東大!
といきたい所ですが、かなり雲行きが怪しくて雨が降っているような感じです。
志望校だけは無理やり押し付けることもできず、後は本人次第というところです。

みんなで合格の暁には、赤門の前で、記念撮影しましょうね!
(東大生のフリをしちゃいます・・・爆)


posted by 髭親父 at 21:16 | Comment(8) | TrackBack(0) | ちゃっかり妹の日記
この記事へのコメント
髭親父さん、ご丁寧なアドバイスをどうもありがとうございました!!!

>なぜ目標が満点ではないの? ただ単に満点取る人が気持ち悪いだけです。(笑い)

ホントに大笑いしてしまいました!
息子には「満点取るつもりで勉強しなさい!」なんて随分言ってしまいました。
これから我が家も「98点平均!」で行こうと思います!

ちなみに今回の平均点は93点・・・。
私に、rioさんのおっしゃるところの「分析力」が備わっていたら、もっと点数取れてたはず・・・。(rioさん、コメントありがとうございました!)

私の欠点(??)は、定期テストの為だけに勉強させるのがイヤだということ。
定期テストの範囲を勉強するついでに、テストには出そうも無い高度な内容まで盛り込んで子供に与えてしまうんです(のちの受験のためです)
その結果、肝心の基礎的なことで「抜け」が出てしまう・・・。
親の私に、もうちょっと短期決戦のワザを身に付ける必要がありそうです。

問題集のご紹介もどうもありがとうございました。塾用教材、手に入れたいな〜〜!!近所の塾に相談してみようと思います。

また色々教えて下さい!
こちらのブログ、pocohahaさん&親ばか日記さんのと合わせて、いつも欠かさずチェックしています!
これからも楽しい記事を書いて下さいね。
どうもありがとうございました!
Posted by れんげそう at 2007年05月23日 00:06
れんげそうさん、こんにちは!

93点平均、見事です。
さらにすばらしいのは、その上を目指す!という姿勢だと思います。
そういう親御さん大好きです。(笑い)

>私の欠点(??)は、定期テストの為だけに勉強させるのがイヤだということ。
定期テストの範囲を勉強するついでに、テストには出そうも無い高度な内容まで盛り込んで子供に与えてしまうんです(のちの受験のためです)

これは、欠点ではなく長所であり、とてもすばらしいことだと思いますよ!
本来、先生がこういう教育をすべきだと思います。「やらなければならないこと+知識を得ることの楽しみ」このことをいかにして、いつ伝えるかが個人個人によって違ってきますし、それを親が伝えることができれば最高ではないでしょうか。

内申点を上げるための定期テストももちろん大事なことですが、入試に向けた長期決戦対策はさらに大事であることは明らかです。そして、長期決戦の対策を付ける力こそ、自分の将来の目標管理能力などを付けるのに必要な力になると信じています。

まだ中1ですもんね!
これからまだまだ先が長いです。試行錯誤しながら頑張ってくださいね。
おっと、そういう我が家でも明日から中間テストだ。(笑い)

98点平均目指せ!(爆
Posted by 髭親父 at 2007年05月23日 08:42
お久し振りです。
定期テスト攻略法で盛り上がっていますね^^
平均点、ウチは過去最高で96点を取ったときがありましたが、これはあくまでも5教科での平均で、実技が入るとちょっと下がってしまいます。
こちらでの「目指せ98点平均」は、5教科のみということでよろしいでしょうか?
そうじゃないとても目標には出来ません(笑)。(こちらの中間テストは6月なのでまだ先ですが)

ところで理社の1問1答教材の件、参考になりました! B社の塾用教材ですね。
髭親父さんは、教育ママパパ御用達で有名な九州の教材屋さんから購入されていますか?
あそこは冊数が少ないと送料を安くしてくれるので良心的ですね。気に入って○麦の教材等いろいろ買っています♪ B社の国語(教科書準拠ワーク)も使いやすいです。
Posted by α at 2007年05月23日 16:49
こんにちは。
娘は中高一貫校の中三なので、今は高校範囲を履修しています。ここで皆さんが言う、いわゆる先取りと同じような感じです。うちは学校のカリキュラムなのでなんとかなっていますが、これを自分で行うのは、強い意志が必要だと思いますので、偉いなぁ・・・と思います。
公立中に通っていた息子はそこまで自力ではできませんでした・・・それでも高校で挽回可能です。
この当りのことは、いずれ私のブログでも触れてみたいと思います。

さて、息子。GW前の実力テストでは自己ベストの学年2位でした。さて、これからどうするか、ここから本当の勝負なのだと思います。なんとか赤門前の記念写真に参加できるように、頑張ってほしいものです。
Posted by rio at 2007年05月23日 18:24
>アルファーさん、こんにちは!
定期テスト攻略で盛り上がりを見せているのですが、肝心の娘が・・(笑い)

>髭親父さんは、教育ママパパ御用達で有名な九州の教材屋さんから購入されていますか?
残念!ここは知りませんでした。(^^;
しっかり教材屋さんに送料払ってますよ〜。冊数が少ないので送料の方が高かったり(笑い)
○麦の教材は良いですよね。ただ、こちらの方でこの教材を使いこなせない子供たちが多く、専らデータベース教材で最近はしのいでいます。(爆

>こちらでの「目指せ98点平均」は、5教科のみということでよろしいでしょうか?

はい!
実技教科を入れると・・・うちも遠くなってしまいます。



rio さん、どうもです!

中高一貫の方の書き込みをいただけると公立の私たちは元気が出ます!
娘にも中3になったら、高校英数は手を出しておいた方がいいと言っているのですが、親の言うことはご他聞に漏れず聞きません。まぁ、兄貴の言うことを聞いてくれるのが救いですが・・

息子さんは、完全に赤門体制(勝手に名付けました:笑い)に入りましたね!
すばらしいです。

こちらはどん詰まりの雨降り状態です。
赤門どころか完全に幻の門状態。
(おっと、幻の門などにもまだまだ、およびもつかないですが・・・)

何とかセンター810だけは、とって欲しいと「懇願」しているのみ、です。(苦笑)

>公立中に通っていた息子はそこまで自力ではできませんでした・・・それでも高校で挽回可能です。
この当りのことは、いずれ私のブログでも触れてみたいと思います。

この辺のところ、是非お願いします!m(__)m
娘によ〜く、言い聞かせますので!
その時には、rioさんのところへ娘を出張させます! (苦笑)
Posted by 髭親父 at 2007年05月23日 20:50
お返事ありがとうございます。
九州の教材屋さんのURLは↓です。
www2.synapse.ne.jp/kyouken/
そのスジでは有名だと思います^^
冊数が少ない場合、エクスパック(500円)で送ってくれます。
ただし、K、I、E等の塾教材御三家(なのか?)は扱っていないようです。残念!

rioさんの「この当りのこと」、私もとても楽しみです!
わが家も非通塾組(今のところ)なので是非参考にしたいです。
(超進学校で上位にいらっしゃる息子さんの歩みのマネなど到底無理ですが夢だけでも…^^;)
Posted by α at 2007年05月23日 21:48
髭親父さん

>まだ中1ですもんね!
これからまだまだ先が長いです。試行錯誤しながら頑張ってくださいね。

どうもありがとうございます!
我が家の一番の問題は、本人のやる気をどうやってもっと盛り上げていったらいいか・・・
どうしても母親主導になっています。
今はまあ何とかなっていますが、いつかソッポ向かれてしまいそう・・・
頑張ります!

αさん

はじめまして!
教材屋さんの情報をどうもありがとうございました。髭親父さんお勧めの問題集を早速注文してしまいました!!
塾の教材についてなど、とてもお詳しいんですね。
私ももっと勉強しないと・・・
これからもよろしくお願いします!
Posted by れんげそう at 2007年05月23日 22:44
れんげそうさん、おはようございます!
上のURLがお役に立ったようで嬉しいです^^
塾用教材を注文するとパンフレットが一緒に届きます(多分)。それを眺めているだけでなぜか成績アップしそうな錯覚に陥ってしまう…そんなオタク世界です(笑)。
こちらこそ、よろしくお願いします〜。
Posted by α at 2007年05月25日 08:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。