中間テストが返ってきた・・その1

2007年05月26日

中間テストが返ってきた・・その1



中間テストが終了し、昨日数学だけ返って来ました。

何と・・・・・2問の間違い・・・

娘はさすがにうな垂れ状態。

1問は完全に計算からの写し違いが発覚していたので、あきらめていたようですが、計算問題の間違いだけには納得いかない様子。

親父:「どれ!見せてみな」

娘 :「・・・・・」


親父:「ちゃんと展開図を描いて、表面積を求めているんだから、ここまで気を遣って間違ったのならしょうがないな。」
             (優しい父親でしょ! 笑い)

親父:「この計算問題の間違いはいかんな〜。」

親父:「2年生の最初の計算問題特に分数計算には、注意しなければならないところが2つあったはずだよな・・・」


娘 :「分母払うな、括弧でくくれ」

親父:「分かってんジャン!」

娘 :「・・・」

親父:「何で間違ったんだ・・どれ・・どれ・・」


    (しばし、親父が筆算)

親父:「・・・」

    (思わず答えと、娘の顔を見る)

娘 :「・・・」

おかしいぞ!


娘 :「ねっ、おかしいよね〜」


    娘の誤答と私の筆算結果が同じになっている・・・

    いくら親子でも、さすがに誤答まで遺伝しないだろ!


「月曜日に先生に確認してみな。」

と言うことで、先生の機嫌を損ねないように、先生に対する質問、確認のための言葉遣いなどを話したのでした。

さすがにこの問題の間違いは、先生にもかなりのショックを与えるだろうと思っての娘へのアドバイスでしたが、できれば生徒から指摘される前に訂正して欲しいところです。(苦笑)

テストの翌日ですからねぇ〜。一杯引っ掛けながら解答を作成し、点数をつけていたのかもしれませんね。

それにしても、その誤答がなぜ起こったかまでのプロセスを言い始めた娘は「おりこうさん」でした。(爆

同問題(数字は変えてあります)

3x−4y
---------- − 6x + 3y


当然通分して分母は4になり、
分子は3x−4y−24x12yとすべきところ、
先生はご丁寧に−(6x + 3y)と勘違いしてしまって、
−24x − 12y で分子を計算してしまったようです。

別々に通分しておけば問題なかったものを・・・ご愁傷様です・・

月曜日からどんどん残りの教科が返ってくるはずですが、
すでに間違いがかなり発覚!

2年の最初のテストから「陥落」しそうです。(泣き)


posted by 髭親父 at 11:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | テストの反省・・
この記事へのコメント
こんにちは、松です。
採点に対する疑問は定期テストには付物ですね。昨夜も
奴隷A君^^;、私の腰をもみながら、英語の回答に日本
語の見解の相違があったらしくブチブチ文句を言っていまし
た。「先生に訂正を求めたら・・・」「先生がそう決めたのだ
からダメなもんはダメ!」と却下された様です。一応納得で
きない問題は父に見せる様には言っています。1年の時は
訂正を求めて1回だけ×が○にひっくり返った事はあります
が・・・・ 微妙な回答については、まず無理でした。親として
は先生の権威を傷つけたくはないので、納得する様に誘導
しています。この手のクレームは、先生へのプレッシャーにな
り、良問の選定など・・今後良い意味でのフィードバックがな
されるものと期待しています。
うっかりミス?についての松家の指導は、じいさん(松の父)
からです。戦中派の容赦ない口撃^^;に論破され、毎度の
事ですが、今回もグウの音も出ませんでした。これに松嫁の
罵倒が加わるのですから・・・^^; 松は、フォローに回るのみ
です。
Posted by 松 at 2007年05月26日 16:36
こんにちは。
採点ミスは嫌ですね。実は、GW前の実力テストで娘も遭遇しました。国語の答案で、返却されたときの点数を見て、あまりの低さに娘は・・・とショック状態。ところが、しみじみと見ていたら、点数に対して丸の数が多いいと気付き、改めて計算したところ、なんと大問一問分の得点(10点分!)を先生が足し忘れていることを発見したのでした。
解答の間違えではありませんが、こういうミスも困ったものです。
返却された答案は、きちんと見直さなくてはならないと、改めて思った一件でした。
Posted by rio at 2007年05月26日 23:09
採点ミスですか。
イキリだって先生に「これなんで×なの!」と訴える我が子の姿が眼に浮かびます・・・
採点ミスで〇にしてもらった物より、英語や国語などで小松くんと同じ「見解の相違」が多くて先生により詳しく解説してもらって萎れて帰って来ることが多いです。(^_^;)
先生にしてみたら素直じゃなくて可愛くない生徒だろうななぁと思います。

それでも一点でも勿体無いと思い、親子2人して毎回解答とにらめっこしてます。
Posted by pocohaha at 2007年05月27日 09:05
>松さん、こんにちは!

先生の権威を保ちつつ(?)、わが子に納得させるのもなかなか難しいところがありますよね。
本当に困るのは、「先生が言ったとおりの答えでないとだめ!」というパターンです。(^^;
数学ではあまりありませんが、国語などどう考えても解釈が違うだろ・・・という場合は、子供にも説明しようがありません。
「先生がそう解釈しているんなら、しょうがない・・」
こんな説明しかできないときが、一番困ります。


>rioさん、こんにちは!

点数の付け間違い!
これは本当に問題外ですね。私も高校のときに倫社で経験したのですが。
文章(論文)を書かせる問題が、2問だけ。(50点×2)
50点が付いていて評価が3。
学期が変わったときに、何気なく教科書にはさんであった答案用紙を見たら裏側の配点40点が加算されていない!オイオイ評価5だろうよ〜。(笑い)担任に文句を言ったのですが、数ヶ月も経ってからの点数の変更はできないと却下! これまで体験した中で最大の間違いでした!


>pocohahaさん、こんにちは!

そうですね。最近の先生はフラストレーションがたまっているでしょから(笑い)、直接的に間違いを指摘すると嫌な印象を抱かれかねないという親の考えが、やはりあります。
やんわりと、質問形式でしてきするようの娘にも言っておきましたが、気が短い娘は果たしてその通り言えるかどうか。
「人間は自分の間違いを指摘されたときにムキになる」何てことにならないように祈るばかりです。(苦笑)
Posted by 髭親父 at 2007年05月27日 16:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。