2点に泣く、ぷーたん。期末テスト答案返却・・その2

2007年07月03日

2点に泣く、ぷーたん。期末テスト答案返却・・その2



理科が返却され、期末テストの結果が出揃いました。

自慢の理科だけあり、本当に満点を取ってきました。

ということで、

今回の成績は、

5教科計 488点
ということで、残念ながら、98点平均には届かずということになりました。

98点平均を狙う上で、いかに細かいこと、

単語のつづり、
漢字
写し間違え
などなどを気をつけなければならないか、
しみじみ感じたと思います。

そして、自分で満点だと思っていても、
そうそう容易く完璧はないということも感じたと思います。


夏休みを前にして、英語も超特急で仕上げているようです。
夏休み明けのテストが、楽しみになってきました。

難易度的には、
今回のテストはさほど難しい問題はなかったようですので、
順位的にはどうなろうと、構わないといってあります。

どんなテストでも、
95点以上取っていれば、後の順位は、神のみぞ知るです。

自分の点数を自分の力でいつも仕上げておけるようになって欲しい
と思うのでした・・・


posted by 髭親父 at 22:04 | Comment(7) | TrackBack(0) | テストの反省・・
この記事へのコメント
こんばんは!
うーむ、5教科総合488点とは、驚きです。
うちはまだ、テスト期間中なのですが、自己採点では不得意な社会が90点前後。
果たして、総合は何点になるやら。
Posted by kyouikupapagon at 2007年07月04日 21:05
kyouikupapagonさん、こんにちは!

素点で判断しないで下さいね〜。
問題のレベルが、出題範囲表に書いてあることばっかりですから・・・(笑い)
これでも、今回はTOPが取れるかどうか分かりません。

95%という最低ラインはクリアしたので文句は言いませんが、間違い方が今ひとつ・・・ということで小言を言ってしまいました。(苦笑)

あとは、何度も書いているように、夏休みに復習&予習で3年生に負けないように頑張ってもらうだけです。
Posted by 髭親父 at 2007年07月05日 11:16
私も以前のコメントに書きましたが。全ての教科が正解率95%を超えてからが勝負。点数的には娘さんは十分ですが、今の公立中学校でやっている学習内容に鑑みれば、上はいくらでも目指していいと思います。一旦『勉強でなく学問の深遠さ』に触れるような感覚が持てれば、どこまでやってもやり足りない、という感じになると思います。繰り返しになりますが、本気で全国レベルを目指すなら、一切の甘さを排除、高い目標と自己管理、持続する意志、それらを最高レベルに保たなければいけません。

加えて、単なる『点取り虫』になるのではなく、徹底して追求する思考能力と粘り強さも必要です。教科書に書いてあることを『当たり前』と思わず、常に疑問を持ち、5教科全てにおいて、自ら教科書に載ってない公式を編み出すぐらいでないと。


さて、実際のところ、これらを18歳まで保つことができるのか?
相当なる覚悟が必要だと思います。
私はできませんでしたが(笑)

後は、自分の子供には厳しくしきれない親心。
これとの戦いになると思います。
本当は、娘さん自ら『全国レベルを目指す!』という意志が出てくるといいですね。

とはいっても女の子。

各種誘惑に負けないようにガイドしてあげる必要があるかも知れません。
Posted by S吉 at 2007年07月05日 12:52
お早うございます、松です。
こちらでも、火曜日に期末終了・・・テスト結果が返却されて来ました。
結果は・・・・^^;
マイナス35点! 定期テスト最低記録の大幅更新です!!^^;
当然奴隷生活突入ですが、これで学年1位(らしい・・・)なのですから、レベルが低いというかなんというか・・・ ^^;^^;^^; 
これまで定期テスト・・・というよりは、全てのテストに(準備も含めて)不干渉で通して来ましたが、さすがに今回の凋落については、小松をネチネチ^^;と問詰めました。そこで色々問題点が浮き彫りになってきました(長くなるので割愛^^;)。
今はもう(テスト後の)先取りの大波に乗ってしまっていますが、これらの大穴を塞ぐプログラムを並行させる必要がある様です。夏の大会を控え、体力的には一番きつい時期でもあります。小松は今日7時に家を出、夕方5時まで練習です。でも、秋までは鬼?^^;軍曹と化すつもりです。
Posted by 松 at 2007年07月07日 09:44
S吉さん、コメントどうもです!

仰るとおり高校生までこのモチベーションを持ち込めるかが勝負だと思います。
兄貴はポシャリましたが(苦笑)、妹の方は、適宜抜いているようなので少しだけ安心しています。
この夏が一つの山かもしれません。


松さん、こんにちは!

マイナス35点で、トップ!
かなりの難易度ということですね〜。
松さんのところでその点数ということは、「量」または、「質」の面で、とんでもない出題がなされたのでしょう。
どう考えても、学年平均が1教科30点そこそそこ、5教科でも200点を大幅に割っている状況ではないですか・・・
(と勝手に他校の予想をしてしまう:苦笑)
松さんのところでも夏が大きな山になりそうですね。部活をやられてるようですので、それこそ大変・・・

秋までは鬼軍曹!
最近珍しいお父さんです!
私も負けずに鬼軍曹になってみます。
夏を乗り切り、秋のテストに大いに期待しましょう!
Posted by 髭親父 at 2007年07月07日 11:26
今晩は松です。本日期末の教科別・総合の分布データが出て来ました。

>どう考えても、学年平均が1教科30点そこそそこ、5教科でも200点を大幅に割っている状況ではないですか・・・

いえいえ、5教科平均で310点位でした。お恥ずかしい・・・^^; これまで平均点は320〜340点位で推移して来たわけで、数値的にはマイナス10〜30点は下がっています。しかし、度数分布のよるとこれは平均点付近より、中の上〜高得点層の落ち込みが大きかった事に起因する様です。特にひどかったのが数学(連立方程式)の47点、理科(オームの法則)の55点です。数学の場合多少応用事項も入っていましたが、標準的な問題で終始しており、このレベルで平均が50点を割った事は、担当の先生も頭かきむしっていると想像します。^^; 小松の場合、計算途中の短期記憶に何らかの問題があるらしく、符号の転記ミスを2問。数字の転記ミスを1問やらかしてしまいました。理科は例年落ちる単元ではあると思いますが、理解の浅さが命取りになってしまった様です。小松は、今でも100%理解していると豪語していますが、その質についての感覚が弱いところが敗因ですね。
とにかく、今夏は穴をふさぐ作業が大変です。
Posted by 松 at 2007年07月12日 20:58
松さん、

そうですか、上位陣を蹴落とすワナが仕組まれていた訳ですね・・(苦笑)
1学期の学校の数学を如何に定着させるか、そしてどこまで夏休みに先取りできるかが、上位の成績安定につながると思います。

100%の理解を、完全に脳に定着させることで後期は安泰!ということだと思います。
ウチも負けずに頑張らせようと思います。
Posted by 髭親父 at 2007年07月13日 19:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。