バトンは妹へ?

2007年07月20日

バトンは妹へ?



くすぶり続ける兄貴を尻目に、
着々と課題をこなし続ける妹、ぷーたん。

夏休みの学校課題は終了し、自分の課題に取り組み始め、
問題の英語も着実に進んでいるようです。

夏休みの前半(7月中)に3年1学期の分を先取り予習する、
という目標も既に出口が見えている状態。

この体制でいけば、秋口には既に3年の英語・数学を射程におさめそうな勢いです。

英語・数学の高校先取りは、中学の英数を楽にする、
という兄の助言のせいか、そこまで突っ走る勢いです。

夏休みの模擬テストの結果次第ではそういった先々をにらんだ学習も本人がその気になっているのなら、バックアップしてもいいのではないかと現在考慮中です。

県立の入試が難関ならそんな余裕をかましているわけにはいきませんが、何せ教科書+学校配布の教材、つまり学校の定期テスト程度の入試問題ですので、そこに照準を合わせるよりも4年後に照準を合わせるほうが得策かと・・・

兄貴の大学受験に気を取られ娘2人にはほとんど手付かずの、
受容力の小さい親であります。

何はともあれ、兄貴が片付くまで、もう少し娘たちには肩身の狭い思いをさせると思いますが、何とか踏ん張って欲しいと思っている、
本人任せの親父です。


posted by 髭親父 at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちゃっかり妹の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。