大学から葉書が舞い込む・・・

2008年02月05日

大学から葉書が舞い込む・・・



久々の更新になります。(^^;

昨日大学より葉書が来ました・・・・・
おそるおそる裏を返してみると・・・・・・



受験書類を受け取りました。。。。。。


とのこと。

何だよ、足きりだと思ってビックリしました。
(まぁ、そちらは日を改めて、なんてことになるのでしょうが:泣き)

しかし、この時期、センターでの得点が思うように取れなかった息子、そして親には郵便物にとても恐怖を覚えます。(爆

さて、そんな恐怖を全然ものともせずに、
今になって2次試験の勉強に明け暮れる息子のブータン。

こういう姿がもう少し前にあれば・・・
なんて思ってしまいます。
でも、何とか試験だけは受けさせてあげたいと思う、バカ親です。。。


東京では積雪3cmだったとか。
入試の時には雪は勘弁ですね。
変なところに神経を使いたくないでしょう、受験生も。。。


   ☆   ☆   ☆

受験期真っ只中ということもあり、
様々なブログで、高校入試、大学入試の合格の喜び、そして残念な結果と・・・記事が様々ですが。敢えて、一言。

自分の最終目標をしっかりと見つめて欲しい、ということです。
それまでの、合格、不合格はあくまでも通過点にしか過ぎないと思います。超難関進学高校に合格したとしても、東大合格ではないんです。
(100%合格する高校だったら別でしょうが・・・)

このことが、私の地域の悪いところでもあると思います。
高校に合格=大学合格、それも、難関大学・・・・・

「そんな訳、ないだろ!」
と思っても、しばらくは、親も子供も幻想を抱くんです。。。。。

まして、高校にトップクラスで合格した子供なんかなおさらです。
「高校入学時の成績=卒業時の成績」なんてことは、そんなに多くないような気がします。(ダントツであったことも事実ですが・・笑い)

と言うことで、高校合格、大学合格は、あくまでも目標の前段階。
自分の人生のスタートラインに立った、ぐらいに考えた方が良いのかもしれません。

今回の息子のセンターの躓きには、親子共々ショックでしたが、
親は開き直り、息子は最後の悪あがき状態ですが、
いろいろ勉強させられました。
まぁ、一言感想を言うとすれば。。。。。
自分の受験の方が楽だった、ということでしょうか。
(息子の受験レベルとは雲泥の差がありますが:
                    でもそんなの関係ねぇ)


大学からの葉書ではなく、封書が舞い込むのももうすぐです。
果たして、前期日程、後期日程のあと2回の受験をさせてもらえるのかどうか・・・・・

楽しみに(?)、待ちたいと思います。
posted by 髭親父 at 18:14 | Comment(7) | TrackBack(0) | 迷走する兄、ブータン
この記事へのコメント
こんにちは。
うちにもハガキ届きました。
私も最初は「足きり」かと思って、ドキッとしました。
この時期の郵便や電話は心臓に良くないですね。

何だかんだいっても、試験の日が迫ってきました。来週は私立の試験もあり、いよいよ「受験」です。

ここのところ、自宅で勉強していた息子ですが、今日は久しぶりに学校に行って勉強してくるそう・・・というか、きっと友達と情報交換(いわゆる、ダベリ)していることでしょう。なんでも、数学の先生が特別に講習してくださるとのことで、いそいそと登校していきました。いつもながら、息子の数学の先生の熱心さには感謝です。

うちも秋から、今のように受験勉強していれば・・・と思わなくもないのですが、今更言っても時間はもどりませんし、あと少ししか時間は残されていませんので、現役の粘りを見せてほしいところです。

・・・マークミスしていませんように!!と願う今日この頃です。

髭親父さん、ブータン君も頑張って下さいね。
Posted by rio at 2008年02月06日 08:26
初めまして。
中通り地区の山里に住む中1(女子)の母です。
娘の喘息治療の為、7年前に関東から当地へ越してきました。親の英断?の甲斐あって、娘の健康は回復しましたが、この娘、何を思ったのか”東大へ行きたい”などと言い出して親は狼狽えております。
去年の今頃は、美大に行ってデザイナーになるって言ってたのに話が違うじゃないか〜。
とりあえず、ネットで東大関係のサイトを調べまくって、こちらにたどり着いた次第です。
私も夫も東北には縁のない人間で、この辺りの高校の情報すら不十分(新教研をこちらのブログで初めて知った位)ですので、頼りにさせていただいております。
さて東大=理系を目指している娘の成績ですが、何せ1学年(クラスではありませんよ〜)27人しかいない超田舎の中学校です、学年順位など全く参考
になりません。それで試しに1月の新教研を受けさせてみた結果、227点偏差値70でした。
本人もこのままじゃ東大は難しいと分かったようで、生まれて初めて”勉強しなくちゃ”などと言ってました(言うだけかも知れませんがね)
今まで、絵ばかり描いてて全然勉強しない娘でしたので、まずは自学自習の習慣をつける様、言い聞かせたところです。
そんな訳で親子共々、こちらのブログを頼りにさせて頂いておりますので、今後とも情報発信をよろしくお願いします。
Posted by jiji at 2008年02月06日 12:14
rioさん、こんにちは!

今日で2次の締め切り。倍率がどれほどになるのか・・・本人の開き直りをよそに、親だけが心配しています。
昨年の「奇跡」のように足きりなし!なんてことになれば、2度受験できますが、昨年が昨年だけに、今年は逆の状況になりそうで・・・
せめて1回だけでも!なんて、かみさんと神頼みしています。(笑い)
rioさんのところでは、私立の方も始まり大変な時期になりましたね!是非第1志望をGETしてください。合格の暁には、馳せ参じますので!


jijiさん、はじめまして!コメントありがとうございます。

>何せ1学年(クラスではありませんよ〜)27人しかいない超田舎の中学校です
超チャンスですよ!これは。
娘さんのレベルからすれば、どんどん自分のペースで学習できる、そして先生方にサポートしていただけるチャンスがばっちりあると思います。
私の高校時代の友人も学区外の中学から来たのですが、現役で東北大医学部に合格しています。(本人が東大理Vを狙っていたようですが・・・)

そんな彼は、中学時代から大学受験に向けての学習を始めて、高校入学時には、高校数学を一通り済ませ、基本英文700選は、半分近く日本文・英文を丸暗記していました。

jijiさんの仰るように「自学自習の習慣をつける」ということを徹底させれば、充分に東大現役合格でいる範疇に入っていると思います。

県内中学TOPを狙うよりも、照準を東大に合わせて、先取りを進めておいたほうが良いようにも思いますが・・・

このブログにいらっしゃっている方にも東大を目指している方が多数いらっしゃいます。
皆さんのコメントなども参考にしていただけると幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

(新教研偏差値70であれば、県内進学校:福島・安積は、合格は間違いないですね! 早目に大学に目標を定められた方がいいと思います。頑張ってください。)
Posted by 髭親父 at 2008年02月06日 13:47
早速のアドバイス、ありがとうございます。
娘にも髭親父さん(実は夫も髭親父でして、この呼び名はちょっとテレルのですが、、)のコメントを見せて気合いを入れさせる事にします。
ちなみに、娘の中学校は一に部活、二に駅伝といった雰囲気なのですが、幸いな事に理科の先生と妙に
気が合うらしく、理系志望はそのせいかも知れません。(理科と数学はすご〜く好きだそうですが、必ずミスするので、得意科目にはなっていませんね)
これからもよろしくお願いします。
Posted by jiji at 2008年02月06日 15:40
jijiさん、こんにちは。
このブログには、成功事例だけでなく、我が家の失敗事例なども掲載されておりますので、是非、参考にしてくださいね。(苦笑)
特に現在進行形の記事は、中学時代偏差値75前後だった息子が高校入学後、なぜに成績を降下させたか・・の秘密が分かる(ホントカ・・)内容にしていきますので。(大笑い)
お楽しみに!
Posted by 髭親父 at 2008年02月07日 09:46
髭親父様の温かいコメント、嬉しかったですよ。
涙が出ました。

周りの優秀なお子さんと比較すると、子供の頭の出来というのが見えてきます。

娘も、息子さん同様に、難関大学を目指していますが、本当に夢を叶えられるのだろうか?と思ってしまいます。
親は、もっと自分の子供を信じてあげなきゃいけないのでしょうけどね。

今回の模試で、散々な結果を取ってきましたが、塾の先生とお話している内に意外なことが分かりました。

数学は、基礎が抜けていたのではなく、「どうしてもこの問題は落とせない。」というプレッシャーで問題を4〜5回繰返し読んでしまい、時間が足りずに点数が取れなかったそうです。
「プレッシャーに弱い」という精神的な弱さがあることが判明しました。

入試って、実力だけでなく、こういう精神面で結果が大きく左右される魔物のようなものだと思います。

「実力」と「精神的な強さ」両方、揃った人が合格を手にすることが出来るのだと改めて痛感しました。
幸いなことに、公立入試本番前に、娘の弱点が分かって良かったと思っています。
まだ、手の打ちようがあります。

最後になりましたが、髭親父様の息子さんの合格を心からお祈り申し上げます。
いつも、応援しています。
福島の冬は、さぞかし寒いでしょうけれど、お体に気をつけて、頑張ってくださいね。
Posted by あかり at 2008年02月09日 12:26
あかりさん、こんにちは!

>「プレッシャーに弱い」という精神的な弱さがあることが判明しました。

原因が分かれば、そして、本人が意識すれば、直せることもできると思いますよ!
一番始末が悪いのは、本人の意識がそこまで及ばないことです・・周りでいくら騒いでも、です。

まして、今回娘さんは私立、公立と2足のわらじを履いて受験勉強しているわけですから、その学習たるや頭が下がります。

公立の受験までには、必ずや軌道修正できると信じています!(その根拠は・・いずれ・・笑い)

頑張ってください。
そして、応援ありがとうございます!
Posted by 髭親父 at 2008年02月09日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/82541290
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。