このブログの方向性など

カテゴリ「このブログの方向性など」の記事一覧
2008年03月17日

心機一転

春休みに向けて・・・


いよいよ兄妹の今年の方針が明らかになりました。

 兄貴は、どうやら地元の予備校通いを決断したようで、今週授業料を納めに行ってこようと思います。
 もしかしたら、東京の予備校に行きたいと言い出すのではないかと思い、しばらく様子を見ていたのですが、自分で地元に残るということで、そちらの意志を尊重した結果となりました。

実はこの予備校、私も通っていた予備校でして・・・(笑い)
当時は100名以上の生徒がいて、選抜試験があったくらいでした。
ところが最近では生徒数も5分の1程度となり、ほとんど個別指導状態。

個別指導は良いのですが、ライバルがいないという孤軍奮闘状態になるのが親としては少し気になるところです。クラスの難関校の受験に失敗した友人たちは、東京へと・・・

気持ちを切り替えて、頑張ってもらうのみです!



娘の方は、いたってマイペース。
地元の私立高校から東大文Tが出た!(既卒ですが)と話題になったのですが、どうしても私立、公立進学校には行きたくないと粘っております。(笑い)
ということで、5年間の方を、狙うということを決めたようです。
気持ちが乗れば、そちらから大学編入を目指すという、安直な(?)道を選択した模様です。

ということで、このブログのタイトルも、いよいよ変更しなければ、ならない状態になってきたのですが・・・(笑い)
もう1年だけこのままでいさせてください。 m(__)m

限りなく「東大への道」は、可能性がゼロに近づいたのですが、
まだ、ホンのかすかにですが、残っているのです。
数年に1人くらい、東大に編入する生徒が出ているようなのです・・・
その可能性と、娘の「やる気」(?:笑い)に賭けてみたいと思います。

ということで、この春は、徹底的に数学の学習に没頭してもらうことにしました。どうも英語の参考書を置いておいても、食らいつく様子がないので、数学を置いたら、コチラには「パクッ」と食いつきました。

幸い1年間兄貴と一緒に学習するチャンスが、
到来しましたので・・(オイオイ)

入学前に数学はI、A、U、B位まで何とか済ませておきたい、済ませておいて欲しい・・・という親の願いです。

この判断が吉と出るか、凶と出るか分かりませんが・・・
どうも娘の性格を考えると、好きなものに突っ走らせた方が良い結果が出るようで・・・

こんな凸凹兄妹の受験の顛末をまた、見守っていただけると幸いです。

受験の最後の最後まで、応援いただいた皆さんのご期待に沿えず、
浪人という結果に終わってしまった兄貴のブータンですが、
この1年何とか努力して、目標の合格を勝ち取るつもりだと申しております。
何卒変わらぬ応援をよろしくお願いいたします。

どうもありがとうございます。 m(__)m
posted by 髭親父 at 10:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの方向性など
2007年02月10日

国語の点数を上げるには・・○○が必要!

国語の点数を上げるには・・・

我が家にはどうも人の話を聞くことが下手な人間が多い。
まぁ、話している人間が、早口で要領を得ない話し方だからだ、といってしまえばそれまでの話となってしまうわけではありますが・・・

だったら、質問をすればいい。
質問しないということは「分かっている・理解している」ことだと昔学校でもそう習いました。もし、質問ができないというのであれば、それは。相手の話を聞いていないということに他ならないと思います。

言い訳が・・・「〜だと思った・・」

この言い訳は一番言ってはいけない言い訳です。特に国語という教科は、ことテストに関する限り「客観性」を求められるものです。生徒一人一人、受験生一人一人の主観で答えが導き出されたのではたまりませんし、その文章を書いた筆者・作者の意図を微塵も感じ取れていないと判断されるでしょう。

つまり、人と人との会話でも同様のことが言えるわけです。
相手の意図をいかに汲み取るかが、会話の鍵となると考えます。最近はあんまり聞きませんが、昔の先生方は、「聞き上手」になれ!という言葉を良く使ったものです。
そしてそう仰った先生方が、正に生徒の話を聞くときに、「聞き上手」だったと思います。

最近の学校での先生と生徒の関係、家庭での親子間の関係が上手くいかない、自分の子供が何を考え、何をしているか分からない。これらの原因の一つが、この「聞き上手」という言葉の欠落にあるような気がしてなりません。

国語力不足と叫ばれている昨今ですが、読めない書けないが根本的な原因であることは否定できません。(語彙力不足など)

もう一方で、基本的な生活の中、家庭生活の中での自己主張のあまり、相手の考え、行動の理由などを考えない子供たち、大人たちが増えてきているということが原因の一つという気がしてなりません。

国語力アップには、漢字をたくさん覚えて、文章を暗記し、正しい言葉の使い方をきちんと練習する以外にないことは分かります。

しかし、それだけでなく、日常の生活の場で、

「質問をする」→「相手の言いたいことを捉える」

この一連の流れをきちんと把握する練習が必要なのではないかと思います。

テストでは試験の問題文に関して作者に質問することなどできません。しかし、日常ではほとんどの場合、質問ができるのです。自分の理解できていないところをきちんと理解しようとする姿勢こそが国語力の鍵、そしてその他の教科での正解を導くための鍵となることは間違いないと思います。

出口汪の日本語トレーニング・プリント (1)
小学館
出口 汪(著)
発売日:2003-11
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 国語が苦手な中学生・高校生にもお勧めです。
おすすめ度5 現代文の超基礎
おすすめ度5 国語きらいの息子にうってつけ
おすすめ度5 絶対に国語力がつく!
おすすめ度5 噂通り
出口汪の日本語トレーニング・プリント (2)
小学館
出口 汪(著)
発売日:2003-11
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 国語&勉強嫌いの息子がニコニコ・・・
おすすめ度5 現代文の超基礎
おすすめ度5 大人にも
おすすめ度5 楽しく日本語を学べる
おすすめ度5 大学受験で有名な出口先生の著作です。
出口汪の日本語トレーニング・プリント (3)
小学館
出口 汪(著)
発売日:2004-01
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 現代文の超基礎
おすすめ度5 大学受験で有名な出口先生の著作です。


小学生(4年生くらい)から、少しずつ、そして繰り返し学習しておくと、日本語の客観的に読み取る力が付く問題プリント集。
蔭山式の漢字、音読集にこの出口のシリーズを加えれば、充分な国語力が得られることは間違いないです・・・・
posted by 髭親父 at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの方向性など
2007年02月09日

大学入試の倍率について

国公立、私立大学の入試倍率が、ここのところ毎日新聞の紙面をにぎわせています。

県立高校の入試志願者倍率に比べればさすがに高い倍率となってますが、この倍率に振り回されると危険です。

高校入試あたりだと中学校同士である程度の調整を行い、志望校変更を行わせたりもするでしょう。1.○倍などという倍率は気にするに値しないと思うのですが、そこではなく、「今年は何人落ちる・・・」などという情報を求めようとする子供たちもいるようです。その程度の場合、当たり前のことを当たり前にやっていれば、「普通に合格する」ということをもっと意識するべきでしょう。

大学受験の競争率についても倍率こそ違え、同じ感覚でいいと思うのです。私立大学の場合など、10倍以上の競争率は当たり前です。

ところが、それは「定員数=合格者数」となった場合です。
私立大学の場合は、医学部など一部の学部学科を除いては、定員の倍、あるいはそれ以上の学生を合格にするのは当たり前ですし、補欠合格まで入れると、そう大した倍率には実際にはなりません。

倍率で頭を悩ませる時間があるなら、この追い込み時に過去問などをしっかり復習すべきでしょう。

試験は、早々まぐれはありません。倍率が低いところが入りやすいわけではありません。
倍率で選ぶのなら、私立大学より、東大あたりの方がよっぽど楽だということになってしまいます。(笑い)

倍率には、足きりのラインがあるので、そのライン・点数の参考にする程度。それでいいと思います。

もうすぐ2次試験が本番を迎えますね。
できる問題を確実に見つけ、確実に仕上げる。
2次試験の鉄則ですね。むやみやたらに手を出さず、あくまでもマイペース、体調第1で臨んで欲しいものです。
posted by 髭親父 at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの方向性など
2007年01月17日

兄と妹の受験日記(このブログの方向性)

兄と妹の受験日記を現在準備中です。

東大受験を目指して、小学校から学習を開始したしっかり者の兄と
要領が良いのがとりえのちゃっかり者妹の
小学・中学の学習法をご紹介したいと思います。

性格の違う子供たちの子育て、学習法として「良い面・悪い面」双方、皆様のお役に立てれば幸いです。

髭親父の発行する、
メルマガブログ
貧乏親父の子育て日記
を合わせてご覧いただけると幸いです。



           ご訪問頂き誠にありがとうございます!


              田舎に泊まろう こと  髭親父

      ☆無料レポート:ドラゴン桜に挑む!☆

−【東大合格目標!】偏差値75を目指す親になろう(小学編)−
  http://saitazo.sakura.ne.jp/web/dragon.html 


      ☆無料レポート:30分で攻略シリーズ☆

 『中学地理:「時差計算」をかる〜くやっつけよう!
  (すぐに計算できるテンプレート付)』
  (http://saitazo.sakura.ne.jp/web/Jisakeisan.html
  30分で完璧マスターシリーズ第一弾!

 『中学数学:速さの文章題を30分で攻略』
  (http://saitazo.sakura.ne.jp/web/Hayasa.html
  30分で完璧マスターシリーズ第二弾!
posted by 髭親父 at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの方向性など
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。