勉強法:ちゃっかり妹

2007年06月08日

期末テストと先取り学習

期末テストの範囲が、本日発表されました。

前回の反省を踏まえて、今回は早目の対策を心がけたいと思います。
(私がやるんじゃないんですが・・笑い)

たくさんコメント頂いていますので、
もう一度学習法について振り返ってみたいと思います。


先取り学習は良いのか。

という質問が、komakoさんから出ておりますので、先取り学習について少し考えてみたいと思います。

最初にお断りしておきますが、運動でも、学習でも人それぞれ、子供たちの個性は様々ですので、一つの学習の形として考えてください。


まず、なぜ先取り学習を行なうのか、といえば

「演習回数を増やす」ため、と私は答えています。

何事もぎりぎりになって大慌てで大量の問題演習なりを積んだとしても、必ずほころび、ド忘れというものが出てくると思います。

例えば・・・・・

・新曲を覚えカラオケデビューを果たそうとして懸命に覚えて、大丈夫!と思っても・・・あれっ?!というパターン。

・一生懸命に問題を暗記してテストの最中には思い出せないのに、終わった後ではっきりと思い出してしまう、というパターン。

こういうことってかなり多いと思います。

反復回数の多さが、定着度合いを上げるという考え方にたち、先取り学習を行なわせています。
(このことも、いわゆる物覚えの良い子たちには余計なお世話ということになりますが)


学習スタイルにしても、1週間に1,2度の学習で1週間分+アルファーの量を一気にこなす子もいれば、毎日コツコツと積み上げていく子もいます。

どちらのスタイルが正解なのかは、子供の性格によって変わってきて然りだと思います。

ただ、大切なことは、大量にインプットしようと、少しずつ積み上げようと、
「繰り返し」が必要であるということ。
人間は忘れる動物だということを自分が分かっていなければならないと考えます。

記憶術なるものがあり、短時間で大量のものを覚えられ、かつ忘れにくいといいます。
確かにその通りです!

しかし、それには落とし穴があります。
(少なくとも私の知る)記憶術は連想、イメージで物事を覚えます。
つまり、机に座っていないときでも自然と反復できるのです。
「おばあちゃんの頭のてっぺんに大きな目玉がのっかっている」ことで江戸幕府の組織図を覚えた人間は、老中(おばあちゃん)の下部組織の一番上に大目付があるということを、おばあちゃんの顔を見るたびに復習・反復しているのです。

話がそれてしまいましたが、先取りとはそういう意味を持たせてやらせています。

幸いなことに「ゆとり教育」のお陰で先取り学習はとてもやりやすかったと思います。(苦笑)

学習に学年を設けることにも個人的には賛成できません。

今習っているところをしっかり学習して、残った時間は運動などに費やす・・・それも正解でしょう。

運動をしたい子供にはやらせればいいでしょうし、読書をしたい子供にはやらせればいいと思います。


但し、読み書きそろばんの最低限度は否応なく反復させる必要があるという考えは、以前から変わっていません。


komakoさんのお子さんは、「部活+楽器」という、学習には厳しい状況下にあると思います。
しかしながら、S吉さんの仰るように、これらのことをお子さんが大好きでやっているのであれば、続けるべきだと思います。
学習時間が足りないから部活を止めるという生徒が部活を止めて、成績が急上昇した例は、あまり多くはありません。

部活を学習に切り替えるというのは、部活を続ける以上に「勇気」がいることだと思います。


問題集を2種類やらせているのを、1種類にして、
その代わりその1種類を繰り返す回数を1回増やす・・・

などということも考えられます。
2種類を1種類に減らしても点数が半分になることなどあり得ません。
このような学習方法をkomakoさんが提案なさってみてはいかがでしょうか。


因みに我が家では、
娘の通常の学習は、教科書と学校のサブ教材だけです。
但し、学校の進度に関係なくどんどん進みます。

土日、あるいは長期休暇などの時に、問題集・プリント類を進んだところまで2・3度反復するというパターンです。

定期テスト対策は、1週間前から、試験範囲表を見ながらとにかく教材を繰り返す!ことだけです。

娘は進研ゼミも小学校6年の時に中1コースを半年くらいやってやめました・・・(根性なしです:笑い)
でも、その言い訳は、調子に乗って頑張っても翌月まで待たなければならないのが嫌だ。。。というのもあったようです。(数学)

現在は教科書を進める時期なので、兄貴使った中3の教科書を持ち出して、多項式の計算を始めたところです。

量的にはかなり少ないですので、この埋め合わせは夏休みにたっぷりとやらせます!(大笑い)


そんな訳で、先取り学習をなぜやるかという点からいろいろと横道にそれてしまいましたが、反復回数を増やし、定着を良くするということに尽きます。

無理やり理由を付け加えるなら、

復習より、予習の方がやりたがる?という心理が働く子供には先取りがいいと思います。

「いえいえ、私は別に先に進んでも楽しくない・・お先にどうぞ!」
(娘の運動会の100メートル走タイプの方には絶対に薦められません)


いよいよ来週からは、期末テストの体制に入ります!

因みにまだ、「ラテ」は買ってやってません!(爆


夏休み前の期末テストで大きな花火を打ち上げてもらいたいものです!


>さときちさんへ、

>実は、娘さん的には『この点数なら1番は取れるな』とふんでいたり>して、、、ある意味、怖いですね、そうだったら(笑)


こんな勘定ができる娘ではありません。

常に全力! 

但し、時たま転げるという、どこにでもいるタイプですよ〜。
そのうち化けの皮がはがれないように祈るだけです。(苦笑)
posted by 髭親父 at 21:58 | Comment(12) | TrackBack(0) | 勉強法:ちゃっかり妹
2007年04月29日

中学2年の数学は、一次関数がポイント

一次関数。
これは、中学2年生の数学にとって一番厄介な単元の一つですね。

この一次関数を文章題までクリアすることが、入試数学で合格点に近づく一つの山と言えるかもしれません。

福島県の入試にも必ずといって良いほど出題されます。
・直線の方程式を求める問題
・二次関数との総合問題として

以前は、動点の問題として出題されていましたが、
こちらは最近はあまり出題されていないようです。
(もう出尽くした感じもあります)

どちらにしても、まず手始めとして、
直線の方程式が自由自在に1分以内に出てこないようでは、文章題には手を出せませんね。

この連休中にちゃっかり娘は、この一次関数のレベルアップを図るよう学習計画を組んでいます。

・1点と傾き
・2点と通る
・交点と傾き
この直線の方程式を瞬時に導き出せること。

そして、
動点・面積の分割などなど

やはり入試数学は、考えて解くというより、むしろ基本的なパターンは「まず暗記」という手順が必要だということ、このことを分かってきたと思います。

さてさて、夏休みまで、2年の数学を終わらせるという、中期計画。
実現に向けて、まずは、第一歩目の連休が始まります。

連休を有効な予習・復習の期間として上手に利用してください。
posted by 髭親父 at 12:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強法:ちゃっかり妹
2007年02月08日

定期テストで高得点(95点以上)を狙うために・・・

定期テストで高得点(95点以上)を狙うのは、公立の中学校の場合さほど難しいことではありません。

それは、ご存知の通り、出題範囲表というのが生徒に渡されますが、その中に何を勉強し、覚えれば点数が取れるか、書いてあるからです。
つまり、出題される問題が範囲表には出ているといっても良いかと思います。
高得点をあげられないという生徒は例外なく、対策をしていません。

ですから、出題範囲表は見るものではなく、読む・読解するものだということをきちんと分かっておかねばなりません。
そして、次に行うことは、その範囲表に書かれてある「やっておくべきこと」をきちんと一覧にして、自分がどこをどの程度まで現在覚えているか、暗記しているかをチェックしていけばいいということになります。

我が家では、反復予定表というものを使います。

-----------------------------------------------------
項   目 |1|2|3|4|〜日付
-----------------------------------------------------
プリントA |△|○|◎|◎|完全暗記済み
-----------------------------------------------------
教科書例題 | |×|△|△|○|
-----------------------------------------------------
漢字プリント| | | |◎|◎|OK!!
-----------------------------------------------------

といった具合に、プリント類・問題集類を教科ごとに個別に分類し日ごとに学習した状況を記入していきます。
理想はテストの前日までに◎が全てに並ぶことです。
家にはこの反復予定表が、数十枚単位で引き出しに入っております。通常学習(問題集の征服)などにも使うと計画性が出ていいと思います。

まぁ、公立中学の定期テストに対してそんなにむきになる必要もないだろう・・・というご批判もあるかと思いますが、何せテストが一昔前に比べてぐっと減ってしまった今の状況ですから、毎回のテストを経験することで、与えられたものをきちんと処理する能力、計画性などを一緒に養っていかなければならないと思うわけです。

テストをテストだけで片付けてしまうにはあまりにももったいないと思います。

「受験力」を鍛えるという発想はここからも出てきています。

  「受験力」については、メルマガブログをご参照下さい。


posted by 髭親父 at 22:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強法:ちゃっかり妹
2007年01月30日

できる子は先生に嫌われる?!(2)

遂にブログにもコメントが入り、かなり喜んでおります!

それでは、前回の続きです・・・・・

      -----------------------------------

6年生の2学期から、娘にとっては忘れもしない、思い出すのも嫌になる苦悩の日々が始まりました。

きっかけは、2学期末からクラスの成績上位の子供たちが先生の授業をないがしろにしたことだったようです。
家庭訪問でも、授業をしっかり聞くようにといったアドバイスがありました。確かに仰る通りではあるのですが、どうにもその授業自体がクラスのどのレベルを対象にした授業なのかを先生自身が知っているにもかかわらず、その授業の上、下のレベルの生徒に対する配慮がなされていないということを申し上げました。

しかしながら、改善はなく生徒たち自身が授業に見切りをつけてしまった・・という結果になりました。
そうすると先生も人間ですから面白くはありませんよね。(^^;

夏休みの課題である、図画などは提出しても「中学生の作品みたいだ」ということでまともな評価がなされず、提出生徒が全員出品されるはずの絵画展にも出品が却下される始末。
このことは校長先生も知らなかったようで後から問題になりましたが、これは生徒に対する先生の対応の一例にしか過ぎなかったのでした。

娘の登校時刻は徐々に遅くなり不登校直前まで・・・・・
「本当に不登校ってのはあるもんなんだ・・・」と思ったものでした。

なんとか、娘と話し合い、授業に対する考え方、先生に対する考え方などを話し合い、校長先生も巻き込んでしまいましたが(本当にスミマセンでした)、無事卒業までこぎつけた次第です。

卒業後、娘が躍起になって勉強する姿には、ホント驚かされました。
「どうせ、小学校で多少成績が良くても中学校へ行ったら・・・」みたいなことを言われたようです。

そのお陰もあって(笑い)、中学校へ行った娘は、思う存分学業に専念できたようです。
中学校では先生方が小学校の先生とは違った対応をしますから、その分はかなり救われました。(公立ではこれが現実なのですね・・)

先輩方との軋轢は多少あったものの何とか中学1年の3学期まで現在無事にほぼTOPを走れているようです。

兄貴の成績にはかなわないと思ってましたが、そうでもなさそうな雰囲気を漂わせています。

この受験日記が、兄貴の東大受験から、娘の東大受験日記に完全に移行するのも目前のようです。。。。。

posted by 髭親父 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法:ちゃっかり妹
2007年01月28日

できる子は先生に嫌われる?!(1)

できる子供は、先生に嫌われる・・・・・

こんなことはないとは思ってましたが、最近はそうでもないようです。
前回一生懸命に宿題を手作りし、「やる気」を引き出す先生のことを書きましたが、いわゆる「マイペース」の先生も公立の小学校にいるのも事実のようです。

勿論これは、全部が全部の先生とは言えませんし、たまたま(?)そういう先生にあたってしまった、ということだけのことかもしれません。
しかしながら、どう考えてみても現在(2・3年前)の文部省の指導要領においては、できる子にはどんどんやらせるといった方策が採られていませんでしたので、自宅で予習をしている子供たちは、先生にとっては逆に扱いにくい子供たちになってしまうことにもなりかねません。

辛抱強い子供は、分かりきっている授業を「聞いているふり?」をするでしょう。しかし、その授業が先生の体験などいわゆる「余談」が含まれない授業の場合、つまり教科書の二番煎じに終始する授業の場合、予習をしている生徒にとって、極めて退屈な授業になるわけです。

中学、高校になれば、教科書の例題・演習問題を全て完璧に理解できる生徒というのはまれになりますので(公立の場合ですよ)、授業を完全に無視する生徒などはごく僅か、ほとんどいないとは思います。

一方小学校では、「ゆとり教育」の影響で、教科書の内容が極めて貧弱になっています。おまけに先生が教科書通りの授業などをやろうものなら、「成績の良い生徒」は、完全に先生に無視されていると感じてもしかり、だと思います。

気の利いた先生なら、別問題などを与えておくでしょうが、とにかく授業は聞きなさい!という、平均的な(この場合、例外なく成績中の下)生徒を対象にした授業を聞くように求めるわけです。


こうした悪循環を繰り返すうち、せっかく「予習」という好ましい学習習慣を学校側から否定されるということにもなりかねないのです。

娘は、残念ながら小学5・6年の時に上記のタイプの先生に当たってしまいました・・・
授業参観に行ったときにその内容を見て、唖然としました。
これが、今時の公立小学校の現実なのだと・・・

予習をしてくるような生徒が手を上げても、まず指名されることはありません。あくまでも先生の授業を聞いて、「その場で」分かった生徒を指名するわけですね。

まぁ、先生の気持ちも分からないではありませんが、やはり前述しているように「勉強・学習」に自分の柱を持っている生徒には、そちらの方面で伸ばすことを考えてもいいのではないかと、改めて思いました。

さすがに、6年生の2学期あたり、中学校入学が見え始めてきたあたりから、娘もいらいらし始めてきたようです。

そして、遂に、そのいらいらが・・・・・


                   続く
posted by 髭親父 at 23:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 勉強法:ちゃっかり妹
2007年01月26日

宿題の嵐・・・

宿題の嵐という言葉が良く似合うと思います。

娘が小学校3年・4年生の時の担任の先生は、毎日必ず宿題を出しました。
まぁ、毎日宿題を出すなんてことはどこの小学校にもあることなんですが、その宿題の量と質が桁違いだと思います。(量的にはそんなに多くはないかな・・)

まず、B5の紙に謄写版で印刷されている文字が小さい。
内容は国語、算数、音楽、図工など学校で習っていることの全ての分野に及んでいました。
それを毎日ファイリングして、ノートにその答えを書いてくるという宿題なのですが。この毎日というところがすごいと思ったのです。

手作りの宿題を毎日続けられるということは、その先生もかなりのご苦労をされていたと思います。

また、その宿題で足りないという生徒に対しては、自己申告で別な問題を準備してくれるという完璧なフォロー!
おかげさまで娘はこの先生のお陰で勉強の楽しさを知ったと思います。

毎日毎日机に向かうことなど、何の苦もなかったそうです。全部やっていくと先生が喜んで花○をつけてくれるのです。

そして、5年生になるとその先生は別の小学校に転任になり、最悪の担任を迎えることになったのでした・・・

         (この話についてはまた回を改めます)

11月7日と8日の宿題のプリントを載せておきますね。
かなり見にくい写メですが、雰囲気だけでも味わってください。



宿題11月7日全て

宿題11月7日一部

宿題11月8日全て

宿題11月8日一部
宿題11月8日音楽
宿題11月8日単位変換

今見ても感動ものですよ!
この毎日の宿題のお陰で娘は、継続的に学習することの大事さや、知識を吸収することの大切さを教えられたと思います。

「ゆとり」だなんだかんだと言う前に、子供たちにいろいろな物事をたくさん吸収してもらい、自分を発見する、自分の好きなもの、得意なものを発見する選択肢を与えることが小学校では大事であるということを改めてこの先生に教えていただきました。

そして、娘はこの宿題によって学習に開眼し、さらに自主学習を進めることになったのでした。

posted by 髭親父 at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法:ちゃっかり妹
2007年01月24日

スタートダッシュ?それともラストスパート?

ちゃっかり妹の学習は、

ズバリ!

           ラストスパート型
なんです。

簡単に言えば、散々遊びほうけて期限が迫ってくると大慌てで集中的にさっさと仕上げてしまうというパターンなんですね。
また、これが要領がいいんですよ!(笑い)
ですから、よく兄貴と喧嘩になるんです。


そうそう、進研ゼミの進め方でした。(^^;

冒頭で書いてしまいましたが、

娘はラストスパート型、期限ギリギリで一気に攻めるパターン。

兄貴の方はと言えば、教材が届くや否や、さっさと終わらせ、悠々自適の生活に入るスタートダッシュ型なのです。まぁその分時間的に余裕があるんで、ドリル教材、プリント教材などを反復学習できるわけで、暗記物がやたらと強い兄貴の「体質」がこの辺から来ているのだと思います。

一夜漬けをお得意にする妹にはとてもじゃないですができる芸当ではありません。

ラストスパート型、スタートダッシュ型、どちらが良いといわれても困るところですが、
定期テストなどの短い範囲であれば、ラストスパート型の方ががぜん良い成績を上げられるかも知れません。
しかしながら、入試などの長い範囲の場合、やはり一気にまとめ上げ、余裕を持って反復する学習スタイルには到底及ばないでしょう。

その違いが大きく現れるのが、やはり「暗記物」ということになります。
妹の場合、如何に暗記物を克服するかにかかっているのです。
兄貴に言わせればめちゃくちゃ楽な「歴史」でも、一気に暗記が難しい妹には混乱のもとになっているようです。

そんな妹なのですが、
毎日欠かさず、1時間以上の学習を年間通して学習していた時期があります。

次回はそのことについて書いてみようと思います。

                   続く
posted by 髭親父 at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法:ちゃっかり妹
2007年01月23日

妹の勉強事始

兄貴のブータンの小学校の学習について前回まで書いてみました。

基本は「進研ゼミ」にあり、独学で未履修単元を自学自習できるようにすることが、小学時代の課題としてとらえていました。

同様に、妹に関しても同様の作戦を採りたかったし、実際に採ってもみました。同じ兄妹でも違うんですね。当たり前ですが・・(笑い)

進研ゼミの1学年先取りまでは、兄貴と同様にやってたのです。
しかしながら、学習時間が短いんですよ。毎日の学習の時間が、30分とか1時間、下手するとゼロという日も幾日も続くんです。

その代わり、自分で何かを調べるとなると時間を忘れて、徹底的に!ということになるんです。
ですから、兄貴がいつも定時になるとさっさと寝るんですが、妹の方は、夜中の12時、それ以降などということもあったのです。
小学生ですからねぇ〜、さすがに次の日は起きられず、毎日集団登校についていけず一人でトボトボと歩いていって、校門前で校長先生に声をかけられる始末。

家庭訪問のときなどは、ひどいもんです。

「ずいぶん遅くまで、娘さんに勉強させているようですね。」
ですって! (苦笑)

娘には勉強しろ!などと言ったことはないんです。家の方針で、妹二人には勉強しなさいという言葉は、発しないようにしているんです。
まぁ、自分でやりたいのであれば教材などは用意してあげる、という感じです。

ですから、妹が兄同様「進研ゼミ」の学習を開始したのは、1年遅い小学2年のときから、3年の講座を始めたということになります。

この進研ゼミの課題のやり方もまた、兄妹で全然違うんです・・・・・

それは、


                    次回で!

posted by 髭親父 at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法:ちゃっかり妹
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。